So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

米国追加関税どこまでやるの? [最近のニュースから]

現在、米国は中国や我が国を含む同盟国に対すして関税の進めています。








とりわけ、中国とは米中貿易戦争と言えるほどになっているようです。








トランプ政権は、中国がアメリカのハイテク技術などを不当に手に入れて知的財産権を侵害しているとして、金額にして340億ドル規模の中国からの輸入品に25%の関税を上乗せする制裁措置を発動しています。








更に追加措置として、2000億ドル規模の輸入品に25%の関税をかけることで、中国への圧力をさらに強化することになったようです。








突然ですが、こう猛暑が毎日続くと冷たいビールが飲みたくなりますよね。








ビールと言えば冷たく冷えた缶ビール、行楽地でもご自宅でも重宝していますよね。








缶ビールにはアルミが使われています。









11-678x381.jpg
フリー画像からお借りしました









米国は、6月1日より欧州連合(EU)、カナダ、メキシコからの鉄鋼・アルミニウム輸入に高い関税を適用されているようです。








そのことで、同盟国や貿易相手国は、報復措置が始まっています。








カナダ統計局によると、同国は世界第3位のアルミニウム生産国なのだそうですが、毎年20億個超のアルミ缶を、主に米国から輸入しているということです。








しかし、カナダが7月1日に報復として米国産アルミニウムに関税を課したことをから、醸造業者らにはアルミ缶の値上げの通知と供給途絶の警告が届き始めているということです。








缶不足に直面している醸造業者は、アルミ缶から瓶への転換を余儀なくされているようですが、多くの小規模醸造業者には缶か瓶、どちらか一方に対応した充填ラインの設備しかないそうです。








ラインを新設するには多くの費用がかかる為、解決策は見出されていないようです。








これは、対岸の火事ではなく、私たちの身近なところでも起こる可能性が高いのでしょうね。








同盟国内だけではないのですが、関税報復合戦「貿易戦争」が本格化しないように願いたいものです。








しかし、トランプは世界中を引っ掻き回していますよね。








自分ファーストの独裁者、中国、北朝鮮、ロシア、フィリピン、アメリカ、そして日本にも、まだまだいますが困ったことにならなければい良いと思っています!
nice!(197) 

香川·綾菊酒造「呑み切り神事」開催! [お酒の話題]

スポンサードリンク





今日は日本酒の話題にしました。









酒は冷に限る!って、鬼平犯科帳を観ていましたら長谷川平蔵が言っていました。









私は、夏場は冷酒が飲みたいし、冬場は燗がすきです。









私は通じゃないんですよね^^









日本中に沢山の酒蔵がありますが、最近は国内での需要が伸び悩んでいるようです。









海外では、和食ブームということもあり、評価が高く注目されています。









日本酒の偽物まで出回っているそうですからね。









飲んでみると、これはちょうと日本酒とは呼べないような代物のようです。









偽物を造って海外で売りさばいているのは、大陸の偽物が大好きな国だそうです。









そんなまがい物を日本酒と称して売られては、海外の人に誤解されてしまいますよね。









あっ!話が大分それてしまいました









今日はそんな話ではなく、香川県の日本酒の蔵元さんの話題なんです。









その蔵元さんは、寛政2年(1790)創業の老舗の「綾菊酒造さん」(綾川町)です。









酒蔵.jpg
フリー画像よりお借りしました









2.jpg
香川県観光協会さんのホークページよりお借りしました









先月26日に、冬季に仕込んだ日本酒の熟成具合を吟味する「呑み切り神事」を開かれたそうです。









その神事は、創業時から続いている伝統行事だそうです。









神様へ玉串を奉納して、新酒の出来栄えを確かめました。









試飲をした参加者からは「おいしい」「さわやかだ」という声が聞けたようです。









蔵元さんは、昨年から地元の農業法人の協力をうけて、綾川町山田産米のオオセトの栽培を開始しているそうです









収穫した米を使用した限定販売の「国重」は、高売り上げということですよ。









地元の酒米を使った美味い地酒、昔から地元の方々に愛されてきたお酒なのでしょうね^^









飲んでみたいです!^^








綾菊酒造さんの紹介はこちらをご覧ください!^^
nice!(196) 

猛暑でも電力供給に余裕あり! [最近のニュースから]

毎日茹だる様な暑さで、殆どのご家庭でエアコンをフル回転しているのではないでしょうか。









publicdomainq-0007292gfy.jpg
フリー画像からお借りしました








我が家でも、エアコンを一日中つけっぱなしにしています。









それだけ使っているのに、最近は電力不足という話は聞かなくなりましたよね。









東日本大震災以降は、計画停電が行われていたり、各ご家庭でも率先して節電に協力をしたりしましたよね。









産経新聞さんの記事を読んでいましたら、こんな内容の記事が書かれていました。









7月23日に埼玉県熊谷市で国内観測史上最高の41.1度を記録しました。









東電管内では午後2~3時に電力需要実績が5653万キロワットと震災後で最大を更新し、昨夏の最大値(8月9日の5383万キロワット)を上回ったそうです。









この日のピーク時の供給力は、6091万キロワットで、供給力の余裕を示す予備率は7.7%と、電力の安定供給に最低限必要とされる3%以上を確保したということです。









その日は、中部電の管内でも、午後2時台の電力需要実績が2607万キロワットと震災後で最大を記録。それでも予備率は12.1%と、供給余力は十分だったそうです。










やはり、節電や省エネが定着したことや電力各社が自社の発電設備を十分稼働させていること、そして夏場は太陽光発電の出力が増えることが要因となっているようです。









そこでも政府は、いまだに原発を推進していますよね。









現在、国内にある原発は、「もんじゅ」と「常陽」も含めると59基あります。









その内稼働しているのは、2018年6月現在6基だそうです。









九州電力玄海原発3・4号機と川内原発1号機、関西電力高浜原発3号機と大飯原発3・4号機です。









ということは、原発の再稼働を急ぐ必要ないと言う事ではないでしょうか。









東京電力福島第一原子力発電所の現状を考えると、今のような状態で原発が稼働していること自体、狂気の沙汰としか思えません。









あの福島第一原子力発電所の事故をテレビで観た時、その時の気持ちを思い出してほしいです。










110316_1f_chijou_1.jpg
TEPCOホームページよりお借りしました









原子力という怪物が暴れ始めたら、手の付けようがなくなるということ、私たちは経験をしているはずなのに。









昨日で、広島へ原爆が投下されてから73回目の原爆の日をむかえました。










gahag-0085311865-1.jpg
フリー画像よりお借りしました









広島、長崎、そして福島と、わが国は原子力によって3度も辛い経験をしています。









人殺しの道具としての原子力も平和利用という目的での原子力も、わが国は持つべきではないように思います。









少なくとも、今のわが国には原発を持つ資格がないと思います!









東京電力福島第一原発では、いまだにこんなことをしているんです。

「TEPCOホームページより抜粋」
『福島第一原子力発電所では、山側から海に流れ出ている地下水のうち、1日あたり約150トンが原子炉建屋に流れ込み、新たな汚染水となっています。このため、「汚染源を取り除く」、「汚染源に水を近づけない」、「汚染水を漏らさない」という3つの基本方針に基づいて、万が一、汚染水が発電所港湾内へ流れ出るリスクや、貯蔵タンクから汚染水が漏れ出るリスクに対し、様々な対策を実施しています。』









そして、東京電力や政府は、放射性物質トリチウムを含む汚染水を海洋投棄しようしているようです。










110802.jpg
フリー画像からお借りしました









日経新聞さん(8月6日)の記事から抜粋
『福島第1原発で出る汚染水は、トリチウム以外の放射性物質を取り除ける浄化設備で処理した後、敷地内のタンクにため続けている。処理水は事故後7年間で100万トンを超えた。2020年末には用地が限界に近づくとみられており、「年度内」(原子力規制委員会の更田委員長)に処分方法を決める必要があるとみられている。』









スポンサードリンク

nice!(198) 

世界サンタ会議開催! [気になる情報]

今日はサンタクロースの話題なんです!










真夏にサンタさん?って思いますよね









先月、毎年恒例の世界サンタクロース会議が開かれたんです。









サンタクロース(Santa Claus)は、クリスマス・イブにトナカイに引かせたソリに乗って、良い子へプレゼントを持ってきてくれる白い髭のおじいさんですよね。









xmas-santa-001-s.png
フリー画像からお借りしました









今日は、私たちが子供の頃クリスマス・イブに心待ちしていたサンタさんについて、ちょっとだけですが調べてみました。










サンタさんは、4世紀頃の東ローマ帝国・小アジアのミラの司教(主教)、教父聖ニコラオス(ニコラウス)の伝説が起源だそうです。









ある時ニコラウスは、貧しさのあまり三人の娘を身売りしなければならなくなる家族の存在を知った。









ニコラウスは真夜中にその家を訪れ、窓から金貨を投げ入れた。









このとき暖炉には靴下が下げられていており、金貨はその靴下の中に入ったという。









この金貨のおかげで家族は娘の身売りを避けられたという逸話が残されている。










その逸話がサンタさんの由来となっているということです。
出典Wikipedia









今では、そのサンタさんが世界中の子どもたちに愛されているんですからね。









そのサンタさんの会議『世界サンタ会議』が、デンマークの首都コペンハーゲンで7月23日に開催されました。









free_m.jpg
ロイター通信さんの記事よりお借りしました









世界中からサンタクロースが150人以上も参加したそうですよ。










世界サンタ会議は、長老のサンタクロースの住む国で開かれることになっているそうです。










世界中の公認サンタクロースが集うサンタクロースの会議なんです。










会議の前後には、サンタクロースがパレードをしたり、ステージショーを行ったり、子どもたちと遊んだりするイベントが催されるということです。









ちなみにオーストラリアを含むアジア地域には、たった1人しか公認サンタクロースがいないそうです。









そのアジア地域唯一のサンタさんが日本にいるといいますから嬉しいですね!









その方は、 北海道札幌市出身のミュージシャン パラダイス山元さんです!^^









img_jp_santa.jpg 
にほんのサンタさんよりお借りしました









スポンサードリンク

nice!(198) 

ご存じですか?梅毒は恐ろしい感染病だということ! [最近のニュースから]

今日は梅毒につて取り上げてみました。









朝日新聞さんに梅毒患者が増加しており、それも若い女性に増えているという記事が載っていました。









梅毒と言うと、随分と前になりますが、現代から医師が江戸時代へタイムスリップするドラマで治療の様子などを観たことがあります。









ドラマは、TBS開局60周年記念 日曜劇場「JIN -仁-」でした。










jin-300x241.jpg
フリー画像からお借りしました









主役の南方仁は、大沢たかおさんがしていました、その時の梅毒患者の役をしていたのは高岡さきさんでした。









きっと手遅れだったのでしょう、ペニシリンを投与しましたが、助けることはできませんでした。










早期に治療していれば治っていたのかもしれません。










さて、梅毒がわが国に入ってきたのは1512年、記録上に初めて登場しているそうです。










その頃、梅毒が京都で大流行したということです。










その記録から、日本国内で最古の発症事例とされています。









梅毒が大流行したのは、後柏原天皇の時代で、当時の征夷大将軍は足利義稙だったようです、あの有名な織田信長の生まれたのが1534年ですから むか〜しむかしの話です。









梅毒は多くの先進諸国同様に、日本でも減少傾向にあったため、昔の病気と考えられていました。









しかし、近年は欧米でも日本でも再び増加の一途を辿っているそうです。










昨年は44年ぶりに報告数が5千件を超したそうです









今年も昨年を上回るペース増えることが予想されています。









今までは、患者の多くは成人男性だったのですが、今回の流行では20~30代の女性にも広がっているそうです。










妊娠した女性が感染すると、赤ちゃんにも重大な影響を与えることになります。









流産や死産したり、赤ちゃんの肝臓や目、耳に障害が起こったりする「先天梅毒」になる恐れがあるそうで、死亡や後遺症の例もあるようです。









先ず、予防をしっかりとしてください!









不特定多数の人との性行為を避けること。









性行為の際は最初からコンドームをつけるとで、感染のリスクを下げることができます。










そして、感染がしたかも?その様な覚えのある方は、検査をしてください。









感染の有無は血液検査で分かるそうで、地域によっては保健所で無料で受けられるということです。









自分だけの問題ではありません。









恋人や家族を巻き込むことになることを、絶対に忘れないでくださいね。









恐ろしい感染病だということを!









スポンサードリンク


nice!(205) 

激辛ブーム? [気になる情報]

今は激辛ブームだったんですね!








何年も前に激辛が流行っていたのは知っていたのですが、いまだに続いていたとは思いませんでした。








私は世間の流れに鈍感なんですよね~!









「カラムーチョ」を販売する湖池屋によると、昨年の6月から1年間の売り上げが前年同期間と比べて2割も増加しているそうです









AAyFds4.jpg
フリー画像からお借りしました








ちょっと懐かしい「カラムーチョ」は、かつての激辛ブームで大ヒットしたスナック菓子ですよね。









そのカラムーチョの人気に再び火が付いているそうなんです。

























SNSでは、お酒が進む! 悪魔のにんじんと言われている、にんじんとカラムーチョをマヨネーズで和えるだけの簡単にサラダにする「キャロムーチョ」なるものが話題になっているんだとか。









29d25_1486_2f278e8dce359c0b20914d389018b5b2.jpg
フリー画像からお借りしました

post_top.jpg
フリー画像からお借りしました








2bdac1a6156ba7a1a78dd2b68eeacdf4.jpg
出典:https://www.alicey.jp/article/137272









私は、程々の辛さでしたら食べでみたいと思いますが、激辛となると、先ず無理だと思います。









日経トレンディネットさんにこんな記事が掲載されていました。









「激辛」としていわれている商品が、実際に食べてみるとあまり辛くないという意見がSNS上で上がっているというのです。








激辛商品を手がける企業に取材をしたそうです。









記事を書いた桑原恵美子さんが、激辛の定番といわれているスナックを食べてみたそうです。









すると昔ほど辛く感じなかったといいます。








桑原さんが、激辛のスナックやカップ麺を製造するメーカーに取材したところ、「行き過ぎた激辛は売れない」という回答があったようです。








そうですよね。








継続して購買力を刺激するには、ただ辛いたけでは無理だと思います。








程々の辛さで、美味しくなくては買いませんからね。









取材では、この様なことも分かったようです。








メーカーの方から「ある程度の辛さを好む人は多くても、『激辛』を求める層はさほどボリュームが大きくないのではないかということに気付いた」という話も聞けたそうです。








現在は、単に辛いという商品から、辛さプラスアルファを求める層が増加してしるそうなんです。









激辛食品がマイルドな味に変わり、更には、唐辛子以外の新たなフレーバーを使った商品も増えてきているようです。








私は、スナック菓子が大好きですが、激辛はまだ買ったことはありません。








夏休みに試してみようかな〜!








激辛スナック菓子+コーラ 良いかも^^








現在注目されている商品は、「やみつきペッパー味」「厚切りベーコンペッパー」「堅あげポテト ブラックペッパー」「ポテトチップスクリスプ ブラックペッパー味」「スパイスアップ 麻辣ペッパー(ミル付き)」などだそうです。 








新たなフレーバーは、ブラックペッパーということなのでしょうか???^^



















nice!(195) 

海外でも超有名な国会議員! [最近のニュースから]

先日、杉田水脈議員の人権侵害発言を取り上げましたが、国内だけではなく海外でも大きく報道されているようです。
先日書いた記事です。よろしければご覧ください








hqdefault.jpg








問題となっているのは、「新潮45」に寄稿の「『LGBT』支援の度が過ぎる」の中で主張されていた(LGBT)のカップルへの差別です。









「彼ら彼女らは子供を作らない、つまり『生産性』がないのです」として、税金を使うな!という主張をしていました。








子供が産めない≒生産性がない?









これは、LGBTの方々はだけへの差別ではなく、未婚の男女や子供に恵まれない夫婦など多くの方々への人権侵害発言だと思います。









その非常識な発言をアメリカ、イギリス、フランスの主要メディアは次のように報じています。









アメリカのCNNは、杉田議員が反LGBT発言を繰り返してきたことや、安倍晋三首相は今年9月の総裁選に勝つことを優先して、杉田議員の発言について党内で論議することを好まないということ。








イギリスのインディペンデントは、自身も同性愛者であることを公表している、東京都豊島区議会議員の石川大我氏のコメントを紹介しているそうです。









石川議員は「2020年の東京オリンピックに先立って、杉田議員の発言は日本の評判を著しく損なう」と述べたということです。








また、自民党の二階俊博幹事長が「いろいろな考え方の人がいる」として、杉田議員の発言を問題視していないことも取り上げているそうです。








フランスのルモンド紙も、杉田議員の発言を「与党議員による“ヘイトスピーチ”」として取り上げ、先月27日の自民党本部前での杉田議員への抗議活動も紹介しているそうです。









杉田議員については、以前記事にしましたが、イギリスBBCで放送された「日本の秘められた恥」でもその発言が取り上げられています。
この事件について記事を書いたことがありますので、よろしければご覧ください








「日本の秘められた恥」は、伊藤詩織氏をテーマにしたものです。









20171024-00000002-wordleafk-0828a1a60ee17537a30bc2dd2cb7e9062.jpg








元TBSワシントン支局長で『総理』などの著書で知られるジャーナリストの山口敬之氏から、準強姦の被害を被ったと訴えた伊藤詩織氏のドキュメンタリーです。








yamaguchi.jpg








番組の取材に対し杉田議員は、伊藤氏には「女として落ち度があった」と語ったそうです。









「男性の前でそれだけ(お酒を)飲んで、記憶をなくして」、「社会に出てきて女性として働いているのであれば、嫌な人からも声をかけられるし、それをきっちり断るのもスキルの一つ」と杉田議員は話している。議員はさらに、「男性は悪くないと司法判断が下っているのにそれを疑うのは、日本の司法への侮辱だ」と断言。伊藤氏が「嘘の主張をしたがために」、山口氏とその家族に誹謗中傷や脅迫のメールや電話が殺到したのだと強調し、「こういうのは男性のほうがひどい被害をこうむっているのではないかと思う」と述べたそううです。









自身のブログには、『伊藤詩織氏のこの事件が、それらの理不尽な、被害者に全く落ち度がない強姦事件と同列に並べられていることに女性として怒りを感じます。「海外に日本の現状が誤って広がることをなんとか止めたい」インタビュアーの質問に応えながら、そればかり考えていましたが、そこはゴッソリ抜かして編集されたようで、とても残念に思います』(原文通り)









杉田氏はツイッターにもこの様なコメントを投稿しているようです。








『私は性犯罪は許せない!無理やり薬を飲まされたり、車に連れ込まれて強姦されるような事件はあってはならないし、犯人の刑罰はもっと重くするべきと考えています。
が、伊藤詩織氏の事件が、それらの理不尽な、被害者に全く落ち度がない強姦事件と同列に並べられていることに女性として怒りを感じます』

『もし私が、「仕事が欲しいという目的で妻子ある男性と2人で食事にいき、大酒を飲んで意識をなくし、介抱してくれた男性のベッドに半裸で潜り込むような事をする女性」の母親だったなら、叱り飛ばします。「そんな女性に育てた覚えはない。恥ずかしい。情けない。もっと自分を大事にしなさい。」と。
「BBC NEWS JAPAN」「livedoor NEWS」の記事を引用しました。








みなさんどう思いますか?








どういう思考回路をしているのでしょう?








議員である前に、人として問題があるのではないでしょうか!








たとえ、目の前に美しい女性が泥酔状態でいたとしても、レイプをして良い理由にはなりません。









仕事上、妻子ある男性と食事をすることもあるでしょう、それすら女性が悪い、落ち度ががあったというのでしたら女性は仕事の制限を受けることになるでしょう。








山口氏の逮捕令状が出たにもかかわらず逮捕が見送られ、証拠不十分で不起訴処分となったことで、山口氏と安倍首相の近い関係から、この事件に政治的介入があったのではないかと疑惑があること、目をつぶってはいけません。








blog_import_530d578b3069e.jpg









あっ!ちょっと話がそれてしましましたね m(_ _)m








昨日ですが、自民党は「問題への理解不足と関係者への配慮を欠いた表現がある」として、杉田氏に今後注意するよう指導したとの党見解をホームページに掲載しました。








海外メディアからの批判的な反応や党本部前で大規模な抗議集会が開かれたこと、今週末にも各地で抗議活動が予定されているなど、党の責任を問う声が多くあがっているからなんでしょうね。 








当初同党の二階氏は、会見で杉田氏の寄稿を容認していたのですからね。









001.jpg








追い詰められないと謝罪をしない、信用のできない党ですよね。








そして、杉田氏がわが国の国会議員であることを、心底恥ずかしく思っています。









nice!(188) 

秋刀魚が高級魚に! [最近のニュースから]

4464-1-400-350.jpg
フリー画像からお借りしました









昨年に引き続き、秋刀魚の不漁がテレビなどで報じられています。









秋刀魚が高級魚になってしまいそうですね。









秋刀魚は、昔から私たちの食卓には欠かせない庶民の魚だったのですが。









どうして不漁が続いているのでしょう。









不漁の原因の一つとして、中国や台湾の乱獲が指摘をされています。










水産研究・教育機構によると、わが国のサンマ漁獲量は平成20年の約34万トンをピークに急激に減少しています。









27年は約11万トンにまで落ち込んでいます。









台湾の漁獲の伸びは大きく、25年に約18万トンとなって以降は日本を上回り漁獲量3年連続世界一となっているようです。









24年には中国も秋刀魚漁に参入し、26年には約8万トンの漁獲量となっているそうです。









中国や台湾の漁船は、公海で操業しているのですが、1千トン超級の大型漁船で長期間漁場に留まって大量に漁獲し、その漁船には大型の冷凍庫が完備されているそうです。









その冷凍庫に秋刀魚を溜め込み、冷凍設備を備えた運搬船が持ち帰るのだそうです。









彼らは、秋刀魚の鮮度など考えていないようです。









私たち日本人は、一番美味しい状態で秋刀魚を食べているのですが、中国や台湾そして韓国の人たちは、美味しい秋刀魚の味をしらないのでしょうね。









201610230247192c7.jpg
フリー画像からお借りしました









お気の毒です!










昨夏、水産庁はこれまで国際的なルールがなかったサンマなどの資源管理の為「北太平洋漁業委員会(NPFC)」を設立しています。









参加国は、中国、韓国、台湾など7カ国で、委員会への漁船の登録や、29年に漁獲量の上限を決めるまで漁船を急激に増やさないことなどを取り決めました。









しかし、水産庁によると、日本に近い公海で左舷と右舷で異なる船名を表記する中国船など「国内にも登録されていないような違法船が平然と操業している」そうなんです。









中国は秋刀魚だけではなく、マサバの漁獲量も急拡大させているようですね。









資源への影響が懸念される事態となっているため、漁獲量の上限を決めるまで、漁船の許可数を増やさず抑制に努めることで合意をしたそうですが、水産庁関係者によると、そもそも「中国は正確な漁獲数をNPFCに申告しているかも分からない」のが現状で、合意に実効性があるかは不透明だということです。









中国は、資源量の減少が科学的に証明されていないことを理由に、サンマに続きマサバの規制にも反対をしているそうですから、情けなくなってしまいます。









わが国が、当初目指した漁船増加の「禁止」などの義務規制には至らなかったそうです。









中国の言い分は、これまで、魚の乱獲をしてきたのは日本ではないか、ということのようです。









急激に経済成長を遂げ、わが国を抜きGDPが世界第2位のとなっている国ですが、思考は発展途上のようですね。








環境問題と同様の理屈なのでしょう。









お前たちは先に地球を汚した、だから自分たちが汚しても文句を言うな!









思わず笑ってしまいそうですが、どうして全体の問題として捉えることができないのでしょうね。










目先のことだけしか考えないで、やったもの勝ちを繰り返すのであれば、当然ですが将来的に後悔することになるでしょう。









何度も過ちを繰り返すのは「バカ」ですから!









あっ!わが国も3.11東京電力福島第一原子力発電所の事故がいまだに終息の兆しすら見えていないのに、国内の原発再稼働へ舵を切っているのですから、失敗から学ぶことのできない馬鹿さ加減は、日本の方が上なのかもしれませんが。









スポンサードリンク

nice!(204) 

大丈夫?海外事業失敗続出! [最近のニュースから]

blog_import_530d578b3069e.jpg
フリー画像からお借りしました








アベノミクスってよく聞きますが、アベノミクスが日本経済にどんな効果をもたらしたのでしょう。








今日は、そんなことを考えてみたいと思います。








確か、アベノミクスによって表れた効果は、一時的ではありましたが円安と株高でしたね。








アベノミクス(多くは日銀の金融緩和)の効果は、明確に表れていました。








スタートした当時は、円安と株高は企業業績に好影響を与えたことは間違えないと思います。








でも、私のお給料は上がりませんでしたが^^








その為替と株価は、2015年をピークに反転しているようです。








実質GDP(国内総生産)成長率は、株価や為替同様に低下、アベノミクスは経済成長をもたらしていないということは明らかなようです。








また、確かに雇用者数は増加しているのですが、その増加分のほとんどは非正規雇用者としての増加です。








アベノミクス前の2012年の正規雇用者の比率は64.8%、非正規雇用者は35.2%でしたが、アベノミクスがスタートしてからは、非正規雇用者の比率は37%台になっています。








条件が悪くても、雇用が増えたのだら良いだろう!なんてことを言う方もいらっしゃいますが、大きな考え違いをされているようです。








更に目を向けなければならないことは、アベノミクスの柱、成長戦略のひとつとされているのが、積極的な海外展開です。








しかし、その推進役として設立された政府と民間による「官民ファンド」のプロジェクトで、損失が膨らみ、投資の失敗ともいえる事例が相次いでいるというのです。








朝日新聞デジタルさんに、こんなビックリ記事が載っていました。








『エネルギーの安定確保のため、独立行政法人「石油天然ガス・金属鉱物資源機構」が出資し、海外で開発したガス田について会計検査院が調べたところ、ガスを産出したにもかかわらず、国内に運ぶめどが立たない場所があることがわかった。天然ガスを船で輸送するには液化天然ガス(LNG)に加工しなければならないが、加工施設が建設できないという』








同機構は、カナダにある3カ所のガス田の開発会社へ、2012年度以降計800億円あまりを出資したり、計約1475億円分の債務保証をしたりして産出に至ったのですが、天然ガスを日本へ運ぶことができない状態だそうです。









92cf17f6186f23b43ae9238e42030112_t.jpeg
フリー画像からお借りしました








まだまだあります、「クールジャパン」ってご存じですか?








日本の文化やポップカルチャーなど、外国人がクール(かっこいい)ととらえる日本の魅力を海外へ発信し、日本の経済成長につなげるブランド戦略です。









cool_japan.png
フリー画像からお借りしました








国が85%出資の「クールジャパン機構」でも多額の損失が出ているそうなんです。








何だか、私たちの年金で箱物をバンバン造り、巨額の損失を出していた頃を思い出してしまいました。








政治家も役人も、何もしないことが国の為になる様な気がしてきました。








借金大国日本、これ以上舵取りを誤ると取り返しのつかない事になりそうです。








不安に感じているのは私だけでしょうか?









スポンサードリンク

nice!(215) 

山仕事をしてフェラーリのオーナーに!^^ [気になる情報]

Google Earthで日本列島を見てみると、緑の多いことに気が付きます。









そ~なんです!わが国は国土の75%が山林なんですよね。









わが国は、森林資源に恵まれた国なのですが、国内で使われている木材は価格の安い外国産に多くを占められているため、日本の林業は衰退してしまいました。









テレビ番組でも時々取り上げられているのですが、今の日本では山の仕事で生計をたてていくことが難しい為、山林の手入れをする人が少なくなったことから荒れ放題の状態のようです。









その山林が宝の山だったってご存じでしたか?^^









その宝の山で、カブトムシやコケを売って年間3000万円の売上ている人たちがいるそうです。









先ず「カブトムシビジネス」でフェラーリを買った人のお話です。










gatag-00011509.jpg
フリー画像からお借りしました









その方は、カブトムシブームの時にカブトムシを捕まえて販売したところ、1年で3800万円も売り上げがあったそうです。









gatag-00007233.jpg
フリー画像からお借りしました









一晩で200〜300匹のカブトムシやクワガタを採るといいますから、ちょっと大変そうですけどね^^









現在は、カブトムシビジネスだけで年間売り上げは200万円ほどだそうですが、副業と考えても魅力はありそうですね。










次に、"白子たけのこ"で多額の収入を得ている方もいるそうです。










51hwKp8nxYL.jpg
フリー画像からお借りしました









白子たけのこは100本に1本程度しか生えないといわれ、普通のたけの倍のお値段がついているそうです。










安定して収穫するのは難しいのですが、年間に300日は山に入り、草刈りなど徹底した環境整備をすることで安定的な収穫を実現したそうです。










努力の結果、5本に1本の割合で、白子たけのこが生育するようになったということです。










ミシュランガイドにも載っている店から、毎日注文が入っているということですよ^^










最後に、コケを使って、若い女性をターゲットに人気の"コケ玉"として出荷して年間3000万円も稼いでいる方もいました。










koke1.jpg
フリー画像からお借りしました









現在は、東京ドーム6個分の山を所有しコケの栽培をしているそうです。










みなさん、それなりに努力をしてらっしゃいますが、それに見合うだけの収入を得ているようですからね!^^










ご自身も楽しんでいるようですから、羨ましい限りです^^










スポンサードリンク

nice!(207)