So-net無料ブログ作成
とても気になること! ブログトップ

コンビニ前の灰皿どう思いますか? [とても気になること!]

gatag-00012971.jpg
フリー画像からお借りしました



今日は、コンビニの前に置かれている灰皿を取り上げてみました。



多くのコンビニの前には灰皿が設置されていますね。



その周りには、愛煙家のみなさんが集まっています。



私は以前から不思議に思っていたのですが、不特定多数の人が訪れる場所にどうして灰皿があるのかな?って。



子供や、赤ちゃんを連れた方、妊婦さんもコンビニには来ますからね。



お店側の事情もあるのでしょうが、灰皿は撤去して頂きたいです。



現在は受動喫煙が問題となり、様々な対策が講じられています。



2020年にはオリンピック、パラリンピックが開催されるのですからね。



恥ずかしくない状態にしなくてはなりません。



先日の京都新聞さんにこんな記事が掲載されていました。



タイトルは「コンビニ前になぜ灰皿?「たばこの煙迷惑」の声も 愛煙家集まり各店対応に苦悩」



コンビニの前は喫煙所のような状態で、愛煙家は「憩いの場」として利用し、嫌煙家は灰皿撤去を求めているという記事でした。



京都新聞さんが京都市中心部のコンビニ店に取材したそうです。



どうしてコンビニの前に灰皿があるのか?



多くの店舗は「客が店内に入る前にたばこを消すため」と説明しているそうです。



しかし殆どの愛煙家からすれば、「灰皿=喫煙場所」と解釈しているようですね。
取材をした店舗によると、煙を嫌う人からの苦情を受けて灰皿を撤去したこともあるそうです。



すると、空き缶を灰皿代わりにして店先で吸う客や、ごみ箱に火が消えていない吸い殻を捨てたりする客がいたといいます。



また、過去に夜だけ灰皿を撤去したことがあるそうですが、灰皿がないとたばこのポイ捨てが増えて近隣から苦情が出たそうです。



コンビニとしても困っているようですね。



全ての愛煙家のみなさんではないのでしょうが、マナーの悪い人も多いようです。



コンビニは喫煙所ではないのですから、喫煙のできる場所を新たに設ける必要があるのかもしれませんね。



たばこに税金をかけて売っているのですから、行政として喫煙所を増やす取り組みをしてほしいです。







スポンサードリンク

nice!(181) 

老老介護と孤独死について [とても気になること!]

先日、ピストンさんも取り上げていらっしゃいましたが、私たち日本人が直面している「老老介護」や「孤独死」について考えてみたいと思います。

















少子高齢化が叫ばれる中、老老介護の問題が浮き彫りにされています。








illustrain10-kaigo25.png
フリー画像からお借りしました








今月4日、大阪府高槻市の集合住宅で高齢夫婦が死亡しているのが見つかりました。








認知症を患った70歳の妻が衰弱死した直後、長年にわたって献身的に妻の介護を続けてきた75歳の夫が自ら命を絶ったのです。








夫婦は2007年から、団地で2人暮らしをしていました。








とても仲の良いご夫婦だったそうです。








ご夫婦には子どもはいませんでした。








6年ほど前から妻が体調を崩しました。








パーキンソン病やアルツハイマー型の認知症などを発症したのだそうです。








夫は通院や買い物など妻を支えていました。








今年に入って妻の病状が悪化し、1人で歩くのも困難になったそうです。








4月に夫が市の地域包括支援センターに「妻の体が動かなくなった」と電話で相談があったそうですが、その後は連絡は入っていません。








同センターによると、夫婦は介護サービスの申請をしていなかったそうです。








センター関係者は「申請があれば対応のしようもあったが」と悔んでいるといいます。








悔やんでいる?








困って、自分ではどうすることも出来なくて、センターへ電話をしてきたのは75歳の老人だということ、分かっているのでしょうか?







どうしてSOSを出した時に、手を差し伸べられなかったのでしょう。








センターへ連絡が入った時に対応した職員は、「救急車を呼んでもいいですよ」と促したそうですが、それだけで終わらせて良いのでしょうか?








遺書は居間のこたつの上に置かれていたそうです。








便箋1枚に横書きで11行、丁寧に書かれていました。








「寝たきりでしんどかったやろな」








「無理やりにでも早く病院に連れて行ってあげたかった」








「ごめんね。しんどかったやろな」








「迷惑かけました。認知症の介護に疲れてしまった」








夫は遺書を書き、風呂場で首を吊ったのです。








風呂場には、警備会社につながる高齢者見守り用の非常ボタンがあり、夫が自殺する直前に自らボタンを押したようです。







きっと、亡くなった後のことも考えていらっしゃったんでしょうね。








この様な事態が全国で相次いています!








介護サービスの申請をすれば良かったのに、行政はそんな無責任な対応しかできないのでしょうか。








真面目に一生懸命生きてきて、最期がこれでは悲しすぎますね。








日本は、報われない国なのでしょうか?








体が不自由になっても、介護を頼める人がいない。








20160215154859-01664.jpg
フリー画像からお借りしました








入院したくても病床はいっぱい、入院すらできない。








介護や医療の手当てを受けられず「孤立死」する独居の高齢者がどんどん増えているのです。








政府は、私達の血税を無駄に使いすぎているようです。








先ず、救いの必要な国民を最優先に考えて頂きたいですね。








現在の日本があるのは、今、高齢者と言われている方々がご苦労をされたから、忘れてはいけませんよね!









20170418-00070041-roupeiro-000-2-view.jpg
フリー画像からお借りしました








スポンサードリンク

nice!(170) 

人間の寿命について [とても気になること!]

わが国は、超高齢社会に突入していますね。










publicdomainq-0013642ydc.jpg
フリー画像からお借りしました









日本人の平均寿命は、厚生労働省が5年ごとに公表している「完全生命表」の2015年版のデータによりますと、日本人の平均寿命は女性が86.99歳、男性80.75歳だそうです。









10年の調査と比べると、女性は0.69歳、男性は1,20歳それぞれ延びているといいます。









織田信長が生きていた頃は、人生50年と言いますからね、その頃と比べると随分と長生きになったんだな〜って思います^^









AFPさんの記事を読んだところ、米国の科学雑誌サイエンス(Science)に掲載された研究論文には、人の寿命が延びた可能性がありとされているそうです。









また、今後も時間と共に延びていく可能性があるというのです。









イタリアの高齢者3800人以上を対象に研究を進めたところ、105歳を過ぎると死亡リスクの上昇率は緩まり、頭打ちにさえなるというのです。









明らかに、これからも栄養や生活環境、それに医療などの向上で人の平均寿命は延びると思います









特に、医療には沢山の研究開発費を投じる意義を感じています。









publicdomainq-0002123bqr.jpg
フリー画像からお借りしました








昔は、不治の病と言われていた病気が、現在は治る病気となっているものも多いですね。









近い将来、癌は治る病気になるそうですが、少しでも早くその日が来ることを望んでいます。









人の生命を奪う為にお金を使うことは無駄なこと、本当に生きたお金の使い方をしたいですね。









6680148071_23fb162cec.jpg
フリー画像からお借りしました








私達の税金がどんな事に使われているのか、改めて考えてみても良いのではないでしょうか。









来月の8月15日は、73年目の終戦記念日を迎えます。









そして、広島に原爆投下されたのは1945年8月6日、長崎に投下されたのは1945年8月9日です。









080713511251.jpg
フリー画像からお借りしました








そんなことを繰り返さないためにも、今、考えてみませんか!^^









スポンサードリンク

nice!(180) 

在宅介護や介護離職について [とても気になること!]

roujin_family.png
フリー画像からお借りしました









今日は在宅介護や介護離職について、少々考えてみたいと思います。









ご存じの通り、わが国は超高齢社会だ!という言葉を良く効きますよね。









最初に「高齢化社会」「高齢社会」「超高齢社会」という言葉がありますが何処が違うのでしょう?









WHO(世界保健機構)の定義によると、高齢化社会とは、全人口に占める65歳以上の高齢者の割合が7%を超えた場合のことを言うそうです。









わが国では1970年に既にこの7%のラインを超えていたようです。









さらに「高齢社会」は全人口のうち高齢者の割合が14%を超えた状態をいうそうです。









わが国は1995年にこのラインを越え「高齢化社会」から「高齢社会」となりました。









そして、2007年に高齢者が21%を超えています。









全人口のうち高齢者が21%を超えると「超高齢社会」となるようですから、わが国の現状は、超高齢社会ということになるのです。









また、少子高齢化などとも言われていますよね。









都市部も地方も同様に核家族化や高齢化などの理由から、一人暮らしの高齢者が増加傾向にあります。









最近よく耳にするのが「孤独死」という言葉です。









家族関係や地域における近所付き合いなども、希薄になっているからなのでしょうね。









やはり、高齢になったら家族と一緒に暮らせると良いのでしょうが、事情が許さないご家庭も沢山ありますよね。









私の知人(都内在住)のことなのですが、母親の介護を自宅(母親の持家)でされています。









知人は介護の為に会社を辞めました。









介護離職をしたんです。









奥様はパートで働きに出て家計を支えています。









子供たちの協力は得られていないようです。









奥様だけの収入では生活に余裕はないように感じました。









東洋経済オンラインの記事を読んだのですが、このようなことが書かれていました。









介護離職をするなら、まず、1年以上収入が途絶え、再就職できたとしても今の半分程度の年収になっても生きていけるだけの貯金が必要だということです。








実際に、介護離職をしてあらたな職場がみつかったとしても、収入は男性で4割減、女性で半減するというデータがあるそうです。








そして、貯金が足りないまま介護離職を選んだ場合、親に相当の蓄えがない限り、その後の生活は厳しいものとなると覚悟しなければならないとも。









介護の期間の目安となるのは、平均寿命から健康寿命(心身健康でいられる年数)を引いた年数だそうです。









日本では、10年以上になるようですので、介護生活は、少なくとも10年程度は続くことを想定しておく必要があるようです。








特に、介護が必要になった親を自宅に迎え入れたり、親のもとで同居したりした場合は、介護離婚のリスクがかなり高くなるといいます。









やはり、配偶者としては、長期間義理の父親や母親の面倒をみることになれば、いろいろと考えてしまうでしょうね。








在宅介護の場合、配偶者の負担が重くなるケースが多いようです。










介護疲れ.png
フリー画像からお借りしました









金銭的な面、精神的な面、早めに検討をしておいた方が良いようです。









介護にかかるお金(介護保険でカバーされない自己負担部分)がどの位の金額になるのか、気になるところですよね。








バリアフリー化や介護ベッドなどや、緊急対応の交通費や宿泊費といった初期費用(一時費用/自己負担)として必要と思われるのは、平均で80万~90万円程度だそうですが、バリアフリー化や介護ベッドについては、介護保険を利用することで軽減できるかもしれませんね。









また、毎月かかっている費用(自己負担)は、平均で7万~8万円ということでした。









わが国の高齢者の貯蓄額は、世帯平均で1268万円となっているそうです。  









え〜!そんなに蓄えがあるの?って思った方がいらっしゃると思います。









実際には、富裕層がこの平均の貯蓄額を押し上げていますので、貯蓄額が1000万円以下の世帯は、全体の(57・9%といいますから、うなずけますよね。









さて、最善の策はあるのでしょうか?









東洋経済オンラインさんの記事の総括の部分を抜粋しましたので、ご覧ください。

①親に2000万円を超える預貯金があって年金もしっかりもらえている

②両親が同時ではなく、どちらか一方の介護だけが必要

という条件が成立するときだけ、ギリギリではあるものの、親の介護のために子供がお金を持ち出す必要はない可能性もあります。

ただ、この2つの条件が当てはまる人は少数のはずで、現実には、親の介護のために子供がお金を持ち出すことになるケースのほうが多くなるでしょう。しかし、自分が介護離職をしており、収入が途絶えていたら、これは不可能なことになります。

さらに将来、いざ自分や自分の配偶者に介護が必要になった場合のために、自分のための貯蓄もしていかなくてはなりません。親の介護にお金を使いながら、介護離職をして、さらに自分のためにも十分な貯蓄をしていくことが、果たして可能なのでしょうか。 で締め括られていました。









きっと、多くのご家庭では自力で介護をすることは難しいのではないでしょうか。









やはり、行政からの支援や地域内での助け合いが必要なのでしょうね。








私の親に介護が必要な状態になったとしたら、妻は病気なので頼る訳にはいきませんので、介護のヘルパーさんをお願いすることになると思います。








在宅介護は難しくなれば、老人ホームも考えなくてはなりません。








厚生労働省のホームページには「重度の要介護状態となってもできる限り住み慣れた地域で療養することができるよう、在宅医療を推進施策を講じています。」とあります。








家族と一緒に生活できることが一番良いと思いますから、一日も早く、無理なく在宅介護が出来るような支援が行われることを期待しています。









298909262253237177eeaf296de5e877_t.jpeg
フリー画像からお借りしました









スポンサードリンク

nice!(198) 
とても気になること! ブログトップ