So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
ちょっと気になること! ブログトップ

あなたは「リュックマナー」前派?後派? [ちょっと気になること!]

今日は、通勤時に気になっていたリュックマナーを取り上げてみました。









混み合っている通勤電車内や駅の階段を利用する際に、リュックはどうしていますか?









背負っていますか?前に抱えていますか?それともバッグの様に手で持っていますか?









私は通勤時に手提げ鞄を利用しているのですが、リュックを使っている方が沢山いますよね。









私もプライベートではリュックを利用しています。









そのリュックを混雑時にも背負って乗車している人が非常に多く感じています。









20170227195426.png
フリー画像からお借りしました








まっ、本来はその様に背負って使うものなのですけどね。









電車に乗る時や混雑しているような場所では、リュックマナーがあります。










yjimage.jpg
フリー画像からお借りしました









車内アナウンスや掲示物でリュックマナーの呼びかけをしているのですが、多くの人はお構えなしのようです。










img_0_m.jpg
フリー画像からお借りしました








特に、混み合っている階段を上っている時に前の人がリュックを背負っていると顔に当たりそうになることもありますよね。









自分でリュックを背負っていると自覚して、少しでも気を使えばまだ良いのでしょうが。









私は都内通勤なのですが、リュックマナーを守らない人が多いと感じます。









しかし、関西方面はもっとリュックマナーが浸透していないそうです。









京都新聞さんの記事を読みましたら、『関東では電車内のリュックの前抱えはかなり浸透していたが、関西ではめったに見ない。なぜ関西人はリュックの前抱えをしたがらないのか―』って書いてあったんです。









同新聞社の記者の方が、通勤通学で混み合う電車内でリュックサックや鞄を前に抱える「リュックマナー」が京都で、どれほど浸透しているのかを実際に乗車して確かめてみたそうです。









四条駅で午前8~9時の1時間、「国際会館行き」の先頭車両後方のドアから降車してくる乗客のうち、リュックを前に抱えて出てくる人と、後ろに背負っている人をそれぞれ調べたところ、「前派」が17人だったのに対し、「後ろ派」はその2倍以上の37人に上ったそうです。








他に、「手持ち派」が27人だったようですが、27人は前派と考えて良いと思います。









混雑時に周囲を気遣い背負っていないのでしょうからね。








記事では、混み合う電車の中でリュックを前に抱えるマナーは、京都ではまだ十分に浸透していない実情がうかがえると締めくくっていました。








都内の通勤通学のラッシュの時間帯に調査をしたわけではないのですが、リュックを背負って乗車をしている人が多いように感じました。








出勤の際に、私の乗った車両だけでも数えてみたいと思ったのですが、朝はそんな元気がないと思うので止めました^^







ちょっとした周囲の人への気配り、リュックマナーは守ってほしいと思います!








スポンサードリンク

nice!(167) 

オウム事件に区切り [ちょっと気になること!]

オウム真理教が起こした事件で、死刑判決を受けていた教祖と6名の幹部の死刑が執行されましたね。









テレビを観ていましたら、当時オウム真理教の幹部をしていた上祐氏が記者会見をしていました。









不思議な記者会見で、詰めかけていた報道陣からは質問らしい質問もなく、呆気なく終了してしまいました。









この事件の重大性が、会見場に集まった記者さん達には分かっていないように感じました。









オウム真理教が起こした事件には、いまだに真実が明らかになっていない事がありますよね。










国松孝次警察庁長官の銃撃事件がオウム真理教の信者により行われたと知った時には、本当に驚きました。











5927b0f6996a1771fdd85c8d95d71f07_s.jpg
フリー画像からお借りしました










そして、実行犯が元警視庁巡査長だったということも。










「自分が撃った」と供述したそうですが証拠不十分で不起訴になっています。










2010年3月、時効が成立したようですが、捜査は継続させなくてはいけないでしょうね。










被害に遭われた方々やご家族には、事件に終わりはこないのでしょうね。










あまりにも酷い事件でした。









あの様な事件が、二度と起こらない様に願うばかりです。









スポンサードリンク

nice!(192) 

カードローン 借り過ぎていませんか? [ちょっと気になること!]

今日は、自己破産の件数が増えているそうですので、そのことを話題にしてみました。









自己破産件数は、2003年の約24万件がピークだったそうで、それ以降は減り続けていました。









自己破産が減った要因は、多重債務が社会問題となったことから2006年に改正貸金業法が設立され翌10年に完全施行されたことです。









同法の改正は、利息制限法の上限(20%)を超える「グレーゾーン金利」が撤廃され、年収の3分の1超の貸し出しが禁止されたのです。









しかし、規制対象外とされた銀行のカードローンは、貸出残高が急増したのです。









合法的な高利貸し!合法的な消費者金融(サラ金)ですね。









その貸出は、2013年春からの4年間で1.6倍に膨らみました。









消費者金融の残高以上の貸し出しになっているのです。









年収を上回る貸出をするケースもあるようで、そのことが原因となり自己破産が増えているとも言えそうです。









kankou_shopping_asia.png
フリー画像からお借りしました









現在は、多くの銀行で貸出額を年収の2分の1以下に抑えているようですが、単に半分以下にしたからといって改善したとは言えないでしょう。









所得によっては、カードローンを利用すること自体が、生活困窮に即繋がることもあると思います。










自己破産.png
フリー画像からお借りしました









借りたら返す、当たり前のことですが容易にお金が借りられる時代ですから、簡単に考えてしまうのでしょうか?








更には、どうせ払えなければ破産宣告をしてしまえば良い、なんて考えている人も多いと思います。









破産宣告をすることは、自分自身にとって重大なペナルティーを課せられるということを忘れてはいけません。








自己破産のデメリット
①信用情報(ブラックリスト)に載る

②財産が処分される

③職業制限がある

④借金が免除されない場合がある

⑤官報等に記載される

⑥保証人への取り立てが行われる









如何ですか? 自己破産することで、借金が帳消しになるから得だ!なんて思わない方が良さそうですよね。









komaru20.png
フリー画像からお借りしました









スポンサードリンク

nice!(195) 

キッチンタオルに「ばい菌」ウヨウヨ! [ちょっと気になること!]

みなさんのご家庭のキッチンでは、キッチンタオルを使っていますか?










compass1515371399.jpg
フリー画像からお借りしました









それとも、キッチンペーパーですか?










4979625091730.jpg
フリー画像からお借りしました









今の時期は、特にキッチンタオルに注意をした方が良さそうですよ。









アメリカのモーリシャス大学の研究チームによると、キッチンで使うタオルには、食中毒の原因となる大腸菌などの細菌が大量に繁殖しているということです。










o157-vital.gif
フリー画像からお借りしました









殆どの方は、そんなこと当たり前、知っているよ!って仰るかもしれませんね。









でも、しっかりとバイ菌の対策をしていらっしゃるご家庭ばかりではないと思います。









キッチンタオルに付いている細菌の数は、家族の人数が多く、肉を食べる頻度が高いほど増える傾向があるそうです。









特に子どもや高齢者のいるご家庭では、頻繁にタオルを洗濯することが大切だということでした。









私の家では、主にキッチンペーパーを利用するようにしています。









勿論、使い捨てですから安心ですよね。









食中毒の気になる時期ですから、おすすめしたいと思います。









手洗いは一番大切! 洗って、拭いて、殺菌・消毒まで行いましょう。









感染予防や食中毒予防のため、石けん液だけの日常的な手洗いだけでは落としきれずに残ったウイルスや細菌を除去するのに、アルコール消毒は有効だそうです。









今年も食中毒に気を付けましょうね!^^








タオルの通販コットンリリーフさんに役に立ちそうな記事がありましたので、抜粋してみました。
良さそうなタオルが沢山ありましたよ^^
コットンリリーフさんのホームページはこちらからどうぞ!


「キッチンタオルの洗い方として、おすすめの方法」
台所用漂白剤を使用する方法
キッチンタオル始め、まな板の黄ばみにも使用できる台所用漂白剤を使用します。

製品にもよりますが、少量を大量の水で薄めて、タオルをその中に浸けておき数時間後によく洗うことで、すぐれた除菌・消臭効果を発揮します。

十分に除菌・漂白できれば、白く清潔なタオルとなりますが、漂白剤を使うことでタオルが徐々に弱くなっていきますので、長持ちはしません。


熱湯消毒をする方法
薬剤などを使用せずに、熱湯だけで消毒する方法。実は、熱湯は台所にあるものの中で一番殺菌力があるといわれているほどに効果が期待できる消毒方法なのです。

鍋でタオルを煮沸したり、ヤカンで沸かした熱湯をかけたりするだけで、非常に短い時間で消毒を完了させることが可能ですので、まな板や食器も一緒に消毒してみてはいかがでしょうか。

ただし、火傷には十分に注意しましょう。

タオルを長持ちさせるためには、なるべく熱湯消毒を行うようにしましょう。

正しい使用方法、洗い方を参考にしながら、キッチンタオルはいつでも清潔に保っておきたいですね。






















スポンサードリンク

nice!(196) 

無意識の偏見について [ちょっと気になること!]

私たちが普段生活をするなかで、良かれと思ってしたことが、相手にとっては有難迷惑かもしれない、そんなこと考えた事がありますか?








人は千差万別、様々な価値観を持っていて当たり前のはずです。









しかし、固定観念から親切や労りの押し売りをしていることがあるようです。









固定観念といえば、昔はランドセルの色が女子は赤、男子は黒と決められていましたね。









私は小2まではランドセルでしたが、それ以降は手提げ鞄で通学をしていました。









今振り返ると、変な小学生だったのでしょうね^^









ある時期から扱いづらい子供だったようです。あっ!話がそれてしまいました。









最近は、様々な色合いのランドセルが販売されています。









黒を好む女子もいるはずですし、赤を好む男子もいるはずです。








以前、あるテレビ番組を観ていましたら、発展途上国へ不要となったランドセルを贈るという取り組みを紹介していました。









ランドセルをプレゼントされた国では、女子が黒色のランドセルを好むということでした。









人はそれぞれ、違うということを今一度認識したほうが良さそうです。









男性も女性も、障害者も健常者も、そして文化の違う外国人も一つの生活圏の中に居るのですから、折角した気遣いが自己満足にならない様にしたいですよね。









子育て中の女性は大変だから、「責任の重い仕事を任せないようにしよう」なんて考えることありませんか?









悪意や蔑視ではなく、配慮から、良かれと思ってしている行為なので気づきにくいのです。









もしかしたら、その女性は本人の意思に反した配慮から、活躍の機会を失ったと感じているのかもしれませんよね。








このような場合、本人に聞いてみれば良いのです。








そして、子育て中でも通常通り仕事をして昇進や昇格を望んでいる人には、その段階で会社として同僚(仲間)として、どの様なバックアップが出来るのかを考えるべきなのでしょうね。









IMG_3271.png
フリー画像からお借りしました









勿論ですが、家族の協力が得られ子育て前と同じような仕事のできる環境が保てる女性であることが前提で、会社側の都合で無理をさせることは問題外です。









私の職場でも、男性よりも仕事のできる女性が沢山います。









子育て中でも、働いて貰えるのであれば会社としては有難いことです。








子育て中の女性だから、障害者だから、外国人だからと一律に考えることのではなく、各々の希望や能力をみて最善を考えられると良いですね。








そして、男だからとか女だからこうあるべきなんだ!








そんな単純な考え方が通用する時代ではないということ、個人を大切に考えることの出来る素晴らしい時代に成りつつあるということも理解しなくてはいけませんよね。








スポンサードリンク

nice!(224) 

「校則」ここが変! [ちょっと気になること!]

今日は、朝日新聞さんの記事を読んでいましたら、これはあり得ないと感じたことがありましたので、取り上げてみました。








小学校で、体操服の下に肌着を着てはいけないという決まりがあるそうです。










publicdomainq-0008809xkg.jpg
フリー画像からお借りしました









私が小学生の頃、その様な決まりがあったのかは分かりません。








あっ!念のため、私は男性です。








その記事によると、体操服の下に肌着は着てはいけないという決まりがある、小学校でのこんな「ルール」がSNSで話題になっているということでした。








都内の母親は5月初めに、運動会の朝練習に出かける前に、小学4年の長女がこのようなことをつぶやいたそうです。








「着替えるのに時間がかかるから、下着は脱いでいこうかな」








これは、男性の私でも驚きます!








その母親は、理由を尋ねると、娘さんが通う区立小学校では、体操服に着替える際に肌着を脱ぐことが決められていたそうです。








母親は、「女の子なのに、体操服1枚になるのは心配」と、担任や校長にも話をしたそうです。








しかし、担任や校長は「汗をかくと体が冷えるから」や「汗臭くなるから」と回答しだそうです。








結局、校長は「検討します」と応じましたが放置状態のようです。








私は男子児童については、担任や校長の理由でなるほどな〜とあっさり納得してしまうのですが、女子児童については、全く納得がいきません。








更に母親は、同じ学年の女子には、ブラジャーをつけている子もいる。

また、インターネットのサイトには、体操服姿の女児の画像を集めたサイトも散見される。

「子どもにとって、自分の発育は初めてのこと。

大人が気づいて言わないと、子どもの体が無防備にさらされることになる。

なぜ学校が、プライベートなところまで立ち入るのか」と訴えているそうです。








その通りだと私も思います。








幼い子供たちを性の対象とする大人も少なくないのです。








保護者の方々が不安に感じるのも当たり前の事だと思います、








体操服に着替える際に肌着を脱がせる、学校側の理由が「汗をかくと体が冷えるから」や「汗臭くなるから」というのであれば、下着の替えを用意させれば済むことではないですか。








あまりにも、合理性のない決まりに呆れるばかりです!









スポンサードリンク

nice!(196) 

老舗和菓子店のスポンサーになってくれませんか? [ちょっと気になること!]

今日は、私の大好きな「ぬれ甘なっと」のお話しなんです。









0710563-b2.jpg
フリー画像からお借りしました








その「ぬれ甘なっと」を作っているお店は、東京の新宿区にある花園神社の近くにあります。








お店の名前は、老舗和菓子店の「花園饅頭」さんです。








花園饅頭さんは、1834年(天保5年)創業の歴史の長いお店で、ファンの方も沢山いらっしゃると思います。








帝国データバンクさんによりますと、花園饅頭さんが5月31日に東京地裁へ自己破産を申請し、同日、保全管理命令を受けたそうです。








ご存知の方も多いと思いますが、看板商品の「ぬれ甘なつと」や「花園万頭」「花園羊羹」「玉うさぎ」「みその菊最中」などの商品を販売しています。








負債額は、今年の4月末時点で債権者約370名に対して約22億円だそうです。








バブル期の多店舗展開や東日本大震災が影響しているようです。








既に破産申請はしましたが、現在も、店舗の営業は継続しています。








今後は、事業譲渡に向けて動き出すようです。








私はお酒を飲む時に、おやつに買ってある「ぬれ甘なっと」をおつまみにすることがあるのですが、意外と合うんですよね〜!








焼酎に「ぬれ甘なっと」良いですよ^^








何方か、老舗の和菓子屋さんの伝統の味を守って頂ける方いらっしゃいましたらお願いしたいですね。









top.jpg
フリー画像からお借りしました








(株)花園万頭(TDB企業コード:980884321、資本金4000万円、東京都新宿区新宿5-16-15、代表石川一弥氏)
申請代理人は河本茂行弁護士(京都府京都市中京区烏丸通三条下ル、烏丸法律事務所、電話075-223-2714)ほか1名。保全管理人には野田聖子弁護士(東京都中央区日本橋3-3-4、永沢総合法律事務所、電話03-3273-1800)








という記事をアップ予定にしていましたら、東京商工リサーチによりますと、4日までに複数企業がスポンサーに名乗りを挙げているそうです。







保全管理人事務所の担当者は「破産手続きは進行するが、スポンサー企業や第二会社への事業譲渡で、営業を継続する方向で調整している。併せて6月末で解雇予定だった従業員の雇用も継続できる見込み」だということです。








また、花園万頭の破産申請が報じられてから、各店舗には名物の「花園万頭」や「ぬれ甘なつと」を求める客のが殺到したそうです。









老舗和菓子店の伝統の味は継承されそうですね!  あ~良かったです^^


















スポンサードリンク

nice!(208) 

新潟県湯沢町に「座敷わらし」現る?^^ [ちょっと気になること!]

座敷童子(ざしきわらし)、聞いたことのある方多いと思います。








「座敷わらしの宿」として有名な旅館「緑風荘」が火事で全焼した時には、話題になりましたね。









resize0225.jpg
フリー画像からお借りしました









現在は、営業を再開していますね。









座敷童子(ざしきわらし)は、主に岩手県に伝えられる精霊的な存在です。









240px-Sakaiminato_Mizuki_Shigeru_Road_Zashikiwarashi_Statue_1.JPG
出典:Wikipedia








座敷または蔵に住む神と言われているそうで、家人に悪戯を働く、見た者には幸運が訪れる、家に富をもたらすなどの伝承があります。









その座敷童子(ざしきわらし)が、新潟県湯沢町の民家に現れたというお話です?^^









先月28日の夜、新潟県湯沢町の民家に小学生低学年にみえる男の子がTシャツと半ズボン姿で「今晩泊めてください。何でもお手伝いします」と訪れたそうです。









70代の夫婦は断ったそうです。









すると、その男の子は「僕のこと分からないの?」と言ってその家を立ち去ったといいます。









その後に夫婦の息子が交番に通報して、翌日19日には警察より報道機関を通じて情報提供を呼びかけたそうです。








ネット上では「座敷わらしでは?」などと話題になっていたようです。









その日の午後になって、近くに住む男の子だと分かったそうで、親に叱られて家出を計画したのだそうです。









人騒がせな「座敷わらし」のお話でした^^










スポンサードリンク

nice!(207) 

やっぱり代替給食「ハマ弁」人気上がらず! [ちょっと気になること!]

今日は、以前も取り上げましたが、横浜市の市立中学校で導入されている代替給食「ハマ弁」を話題にしてみました。










o0960053913773291871.jpg
横浜市会議員・草間剛氏のブログよりお借りしました
草間議員のブログはこちらからどうぞ!^^









以前の記事はこちらからどうぞ!(1)(2)








ハマ弁は、共働きの世帯が増えたことなどから給食の代替えとして、2016年7月に市内12校で導入されました。







翌年の17年1月には全市へ拡大しています。







しかし、「ハマ弁」の利用が低迷しているのです。







市は「家庭で作る弁当、民間事業者のパンや弁当、そしてハマ弁と、個人が自由に選べる環境を提供した」ということです。







市は、本年度から値下げをしているそうです。








ご飯とおかず、汁物、牛乳のセットは1食当たり470円から340円としています。








それでも受注は伸びないようです。







カナコロさんの記事によると、理由として指摘されるのが使い勝手の悪さだだそうです。







弁当の注文は最短で7日前まで、キャンセルも2日前までにしなければなりません。







中学2年の子どもを持つ40代の女性は「いつ弁当を作れないかはそんなに前からは分からない。当日朝に申し込めたら良いのに」という希望もたるようです。







16年度のハマ弁を維持するための運営費は、3億192万円です。








購入数4万7825食だそうですから、1食当たり6313円の市税負担が発生したことになります。








全校が対象となった17年度は、運営費が4億7000万円、購入数は17万7786食となり、1食当たり2644円の市税からの負担となりました。








市教育委員会は、喫食率を「18年度10%」「20年度20%」を目標としているそうですが、現状は1.3%4ですから話になりません。







今月23日の定例会見で、林文子市長は本格普及まで時間はかかる「良い物なのでぜひ広めたい」と、今後もハマ弁へ市税を投入することを強調したそうです。







そもそも、生徒の父兄さんたちは給食の代替えにハマ弁を欲しているのでしょうか?







カナコロさんの記事にありましたが中2の生徒を持つ母親は、「いつ弁当が作れないか分からないから当日の朝申し込めたら」という要望があったようです。







基本、家庭で生徒の弁当を作るのであれば、たまたま弁当が作れなかった日は他の民間業者の弁当やパンで良いのではないでしょうか。







どうして、巨額の市税を投入してまでハマ弁を継続するのか、市長や教育委員会がハマ弁に固執する理由がわからないのです。







また、市教委健康教育課は、「注文方法や温かいおかずの提供に対する要望は多い。具体的な検討を積み重ね、喫食率向上に努めたい」としているそうですが、多いとされる要望の度合い(全体から見た比率)を考えるべきではないでしょうか。








実際の利用率がそれを示していると思うのです。









スポンサードリンク

nice!(219) 
ちょっと気になること! ブログトップ