So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
最近のニュースから ブログトップ
前の10件 | -

松坂牛・なんと牛1頭が2510万円! [最近のニュースから]

matsusaka-1-940x529.jpg
フリー画像よりお借りしました







今日は牛肉の話題です^^








私が松坂牛を始めて知ったのは、学生時代の友人からです。








その友人は三重県松坂市の出身で、いろいろと説明をしてくれました。








和田金の肉が一番良いと話していました。








こいつ、本当に食べ比べたことあるのかな? 味が分るのかな? なんて思いながら聞いていたんです。








その高級牛の松阪牛は、但馬牛のほかに、全国各地から黒毛和種の子牛を買い入れ、三重県松阪市及びその近郊で肥育された出産経験のない雌の黒毛和牛のことを言うそうです








先月25日、松阪牛の体格や毛並みの良さを競う今年で69回目となる品評会「松阪肉牛共進会」が開かれました。







その品評会は、松阪市の農業公園で開かれ、県内の9つの市や町で900日以上育てられた50頭の松坂牛が出品されたそうです。








17436_4_l.jpg
三重県観光連盟のサイトよりお借りしました








審査の結果、チャンピオンとなったのは、大紀町から出品された体重680キロ程の「さとり号」です。








17436_1_l.jpg
三重県観光連盟のサイトよりお借りしました








品評会後に行われた競りでは、「さとり号」が2510万円の高値で落札されたということです。








凄いですよね!








牛1頭が2510万円もするんですから驚きです。








当日の会場では、松阪肉のすき焼大試食会が午前10時から行われ、先着2,000食が振る舞われたそうですよ!^^







125_1_m.jpg
三重県観光連盟のサイトよりお借りしました








高級牛の松阪肉を、たまには食べてみたいですね^^








img139oi2022_1.jpg
フリー画像よりお借り思案した























スポンサードリンク

nice!(66) 

豊岡で「かにまつり」開催!^^ [最近のニュースから]

11月24日、兵庫県豊岡市の津居山漁港で、冬の味覚の松葉ガニの大漁を祝う毎年恒例の「かにまつり」が開かれました!^^









kanifes2018-11.jpg
フリー画像からお借りしました









津居山漁港は、山陰海岸国立公園に含まれ、ブランドカニの津居山カニが水揚げされることで知られる日和山海岸に位置しています。








m00162m4f4cbda46ed17.jpg
フリー画像からお借りしました








豊岡市の津居山港で水揚げされるズワイガニ「津居山かに」は最高級のかにとして知られています。









img_3.jpg
フリー画像からお借りしました








毎年、「かにまつり」は開かれ、会場では松葉ガニや魚介類が、市価の3割から4割安く買え、その場で食べられるとあって大にぎわいだったそうです。







当日は、ズワイガニのメス・セコガニ釣りの大会も行われたそうです。








京阪神方面を中心に多くの観光客が訪れるそうですから、美味しいかに目当てなのでしょうね。








かに好きの方にはたまりませんね!^^








津居山港のズワイガニは、3月下旬ごろまで楽しめるということです。



















スポンサードリンク

nice!(187) 

大きいことはいいことだぁ〜!^^ [最近のニュースから]

今日は、TVでも放送されていたのですが、巨大な牛がオーストラリアに出現し、大きくなりすぎて命が助かったというお話しです。







その世界的に有名になった牛は、高さは194センチで、重さ1.4トンもある巨大な牛なんです。








通常飼育されているホルスタインに比べて、体重は約2倍、高さは約50センチ高いということです。









3100489_1.jpg
フリー画像からお借りしました








地元、オーストラリアのニュース番組では「マイケル・ジョーダンと同じくらい高い」と紹介しているそうですよ!







3100489_2.jpg
フリー画像からお借りしました








その牛の名前は、ニッカーズ君、オーストラリア南西の街・マイアラップにある牧場で飼われている7歳のホルスタインです。







ニッカーズ君は、身体が大きいことで命拾いをしたそうなんです。








牧場主がニッカーズ君を食肉業者に売ろうとしたのですが、大きすぎて、食肉処理施設の設備を通り抜けられなかったそうなんです。








img139oi2022_1.jpg
フリー画像からお借りしました







それで、ず〜と牧場に居られることになったということです^^








ニッカーズ君は、他の牛たちのリーダー的な存在で、歩き始めると牛たちが彼の後ろに何百頭もの牛がついてあるくそうです。








ニッカーズ君は、食肉としては売れませんでしたが、ちゃんと牧場主の役に立っているようですから、末永く牧場で暮らして欲しいですよね。








時代遅れの言葉ですが『大きい事はいいことだ〜!』ですよね(^^)v








むかしのCMですが、ご存じの方いらっしゃいますか?^^









スポンサードリンク

nice!(188) 

11月29日は「いいフグの日」!^^ [最近のニュースから]

今日はフグの話題です^^









p5485-photo1.jpg
フリー画像からお借りしました








フグ料理大好きなのですが、お値段が高いので頻繁に食べることはできません。








忘年会や新年会をフグ料理の食べられるお店でしたことがありますが、お酒よりも料理に夢中になりますね。









set-e_1.jpg
フリー画像からお借りしました









ご存じですか?








11月29日は「いいフグの日」なんだそうです^^








一般的にフグの旬は「秋の彼岸から春の彼岸まで」と言われていますよね。








と言うことは、9月頃から3月頃までが旬とういことになります。








中でも最もおいしいのが11月下旬~2月下旬までなんだそうですよ。








それは、フグの繁殖シーズンと大きく関係があるそうで、4月から6月頃のフグは産卵期を控え肝臓に栄養を蓄えるそうです。








その肝臓から栄養をもらって大きく発育する卵巣の毒性が非常に強くなることから、旬は春の彼岸までと言うそうなんです。







忘年会や新年会でフグ料理の食べるということは、大正解ということになりますね^^








11月29日を「いいフグの日」を制定したのは、兵庫県神戸市に本部を置く全国の国産養殖トラフグの生産者で組織する『社団法人 全国海水養魚協会』のトラフグ養殖部会だそうです。








同部会は、フグの王様であるトラフグの美味しさを沢山の人に知ってもらうことを目的としています。








「いい(11)フグ(29)」と読みます、食べた人に福(ふく)をもたらすという語呂合わせから決めました。








高級魚として扱われてきたトラフグですが、最近は養殖によって生産量が増えてきていることから、高級な料理店だけでなく一般お店などでも取り扱われるようになって来ています。








フグが、もっと安価で身近な食べ物になると良いですよね^^








今月25日に、11月29日の「いいフグの日」を前に、兵庫県南あわじ市で「淡路島3年とらふぐ祭」が開かれました。














淡路島では、35年ほど前に福良漁協がトラフグの養殖を開始しています。








2004年からは福良湾で2年以上養殖されたトラフグ(1・2キロ以上)「淡路島3年とらふぐ」としてブランド化しています。








島内にある約100店舗で「淡路島3年とらふぐ」を提供しているそうです。








「淡路島3年とらふぐ祭」の当日は、てっさやてっちりなどフグを使ったお馴染みの料理が振る舞われたそうですよ!^^








これは参加してみたいですよね~









スポンサードリンク

nice!(181) 

千葉香取市·醤油サミット開催! [最近のニュースから]

今日は、私たち日本人にとって欠かすことのできない調味料『醤油』の話題なんです!








kgtss001-01.jpg
フリー画像からお借りしました







醤油は、どこのご家庭でも必ずあるものですよね。








私が学生の頃、万年金欠の友人の下宿にも醤油だけはありましたから^^








yjimage.jpg
フリー画像からお借りしました







醤油と言っても色々種類があり「濃口醤油」「淡口醤油」「溜醤油」「白醤油」「再仕込醤油」の五つに大別されています。








その醤油、一体いつ頃から使われていたのでしょう?








ちょっと調べてみました!








弥生時代から古墳時代にかけて、醤油の原形の「醤」が作られていました。








「醤」とは、塩漬けの発酵食品のことなんだそです。








「醤」の中でも穀醤(こくびしお)が穀類に塩を加えて発酵させたもので醤油や味噌の原形ということです。








鎌倉時代、建長6年(1254)に禅僧覚心が中国から「径山寺味噌(きんざんじみそ)」の製造法を持ち帰りました。







その後に和歌山県の湯浅で、味噌桶底にたまった液汁(味噌溜)がおいしいことを発見し、それが「溜」の始まりなんだそうです。








6825992.jpg
フリー画像からお借りしました







室町時代になり、文献に「醤油」が初めて登場しているということです。








醤油が庶民に普及したのは、江戸時代に入ってからだそうです。








醤油と私達のお付き合いは長いんですね〜!








今月16.17日、しょうゆ醸造が盛んな自治体と醸造業者が集まる「全国醤油(しょうゆ)サミット」が、千葉県香取市で開催されました。








そのサミットは、16市町で構成する全国醤油産地市町村協議会の総会なんだそうです。








しょうゆの魅力を国内外に広める目的で平成.19年に和歌山県湯浅町で始まり、今年で8回目です。








サミット(総会)には銚子市や野田市など千葉県内の4市町をはじめ、宮城県塩竃市や愛知県碧南市などの首長や醸造会社の関係者など約60人が参加したそうです。








醤油と言えば野田市のキッコーマンさんが有名ですよね。








01_org.jpg
フリー画像からお借りしました







そして、銚子の醤油と言えば、ヒゲタ醤油さんがモデルとされたNHKの連続テレビ小説『澪つくし』(みおつくし)が大人気となりましたね。








G20160527012668960_view.jpg
フリー画像からお借りしました







ドラマは、昭和60年に放送されていました。








覚えている方も沢山いらっしゃると思います。








近年は、世界的に和食ブームとなっていますので、日本の本物の醤油も注目をされているのでしょうね。








サミットでは「しょうゆが持つ魅力を世界に発信し、更なる消費拡大を図る」などとする宣言を行ったということです!^^








スポンサードリンク

nice!(189) 

兵庫・明石市で「子ども食堂」全小学校区で展開 [最近のニュースから]

近年、良く耳にするようになった「子ども食堂」を話題にしてみました。








以前にも子供食堂を記事にしたことがありますが、民間のボランティアによる取り組みは素晴らしいと思っています。







子どもの貧困対策や地域交流の促進などを目的に、「子ども食堂」が全国各地に広がっていて、更にシニアを対象とした「シニア食堂」もあるんです。









gatag-00011641-300x260.png
フリー画像からお借りしました








日本子ども支援協会さんのホームページを読んでみましたら、政府が如何に自国民に対して無責任で的外れなことをしているのか、腹が立ってきました。








厚生労働省の調査によると、わが国の子どもの貧困率(2015年)は13.9%だったそうです。








更に、ひとり親家庭の貧困率は50.8%と先進国の中でも最悪な水準だと言われているそうです。








2013年に施設に入所した子どもたちの11.7%が、親の就労・経済的理由によるものでした。








その子供たちは、貧困により施設に入らざるを得なかったということです。








最も多かった入所理由は親の虐待(37.9%)ということですが、その背景には貧困に追い詰められたことで、虐待や育児放棄に至るケースも少なくないということです。








また、ひとり親家庭の貧困率は50.8%となっていて、先進国の中でも最悪な水準だと言われているそうです。







7人に1人が貧困状態だというのです。








同協会のホームページには、このように書かれています。








『⼦どもの貧困問題は、当事者である⼦どもたちだけでなく、社会全体に大きな損失を与えます。








日本財団の調査によると、貧困状態で育った⼦どもたちが納税者にならない、社会保障を受ける側になることで、国の損失は約40兆円以上になると言われています。








これはその⼦たちの責任ではありません。








私たち大人、みんなの責任なのです。








子どもの貧困は、決して他人事ではありません。』








政府には、先ず将来国を担うことになる大切な子供たちのことを最優先に考えて、私たちが納めている血税を使ってほしいです!







会計検査院によると、平成29年度の税金の無駄遣い1156億円だったそうですね。








摘金額が最も多かったのは防衛省(約639億円)で、次いで商工中金(約151億円)、農林水産省(約117億円)、厚生労働省(約43億円)でした。







学校法人「森友学園」への国有地売却問題については、改竄文書を検査院に提出した財務省の行為は会計検査院法に違反するとの見解を示しているようです。








子どもの貧困は少子高齢化ともリンクする話しですからね!








あっ!申し訳ありません








今日は本題に入らず、前置きが長すぎてしまいました^^








さて、本題に入りますね。








今年5月、明石市では市が運営資金を助成する「あかしこども財団」を設立しました。








「あかしこども財団」から運営団体に対し年70万円を上限に食材や備品などの費用を助成しています。








子どもを取り巻く問題の「気づきの拠点」を目的として、公民館などの積極活用を進めているそうです。








2016年の段階で3カ所でしたが、今年11月には市内の全28小学校区に38カ所の子ども食堂が運営されているということです。







illust1461.png
フリー画像からお借りしました








行政主体の、その様な取り組みは全国でも珍しいということです。








また、地域住民からの応援もあります。








子ども食堂に食材を提供しようと、市立高齢者大学校「あかねが丘学園」の園芸クラブ生がサツマイモを収穫し、段ボール10箱分をあかしこども財団に寄贈したそうです。








子供食堂へのサツマイモのプレゼントは、社会貢献活動を考えるメンバーの雑談から生まれ、収穫のほとんどを寄贈することにしたということです。








地元の住民も子供食堂の必要性を理解され、活動を維持するために協力しているんですね!








illust2561.png
フリー画像からお借りしました







その様な行政と地域住民一体になっての取り組みは大切なことだと思います。








スポンサードリンク

nice!(188) 

日大アメフト問題·悪党の仲間割れ? [最近のニュースから]

今日は日大アメフト部で起こった、悪質なタックルの問題を取り上げてみました。








アメフトの試合中、日本大の宮川泰介選手が関西学院大の選手に悪質なタックルをした映像を見た時には驚きましたね!








明らかにタックルをする場面ではなかったですし、それも無防備状態の真後ろからでしたから。








大きな怪我をしなくて良かったと思っています。








犯行を指示したとされた内田正人前監督と井上奨元コーチが日大を懲戒解雇となりました。








しかし、警視庁は、怪我をさせる意図でタックルを指示した事実は認められなかったと判断をしたようです。








地検は、2人の立件を見送ることになりそうです。








信じられません!








明らかに指示を出したことが立証されなかったからなのでしょうか?








素人目では、この二人は黒!真っ黒なんですけどね!








タックルをした宮川選手については、傷害容疑で書類送検する方針なんだそうです。








被害者との間で示談が成立していることから、地検は立件の可否に注目されています。








彼のこれまでの経緯を考えると、きっと立件はされないでしょうね。








彼は、元監督や元コーチから強いられなければ、あんな卑怯なタックルなんてしなかったのですから。








捜査は、監督とコーチ2人のタックルの指示に「怪我をさせる意図があったかどうか」が焦点となりました。








捜査関係者によりますと、警視庁は3人のほか部員やOB、アメフット関係者ら約100人から事情を聴くなど事実関係の確認をしたそうです。








その結果、前監督と元コーチの指示に、怪我をさせる意図を裏付ける証拠は見つからなかったということです。








タックルをした宮川選手については、被害者が実際に怪我をしていること、傷害の意図を認めたことから、傷害容疑に当たると判断したということです。








今回の事件はアメフト部だけの問題ではなく、日大の体質ということなのでしょう。








しかし情けないのは、相変わらず日大の相撲部OBの田中英寿理事長は逃げ回っていることですよね。








2-11.jpg
My News23さんよりお借りしました








会見を開くことが怖いのでしょうか?








さっさと、田中理事長や現執行部には大学から退いて頂きたいですね。








日大やその付属校の在校生やOBは成り行きを見守っているでしょう。








そして、この問題に新たに火の手が上がりました。








地検が立件を見送ったとの報道がされた後、直ぐに内田正人前監督が懲戒解雇は不当で無効だとして、地位確認などを求めた訴訟を起こしたという報道がありました。








6.jpg
毎日新聞さんの記事よりお借りしました








訴えられた日大側は争う姿勢を示していうことです。








トカゲのしっぽ切り!しっぽがトカゲに喧嘩を売ったんですね。








両者ともに恥の上塗りです。








しかし、内田正人前監督はよく訴訟を起こせましたよね。








状況判断のできない弁護士に賠償金でも取ってやれ!なんて言われたのでしょうか?








いずれにしても、盗人猛々しいとは内田のことです!








正直に卑劣な行為を認めた宮川選手については、傷害容疑に当たるというのでは余りにも片手落ちではないでしょうか?







この問題はこれで済ませてはいけないと思います。








今日は、とても感情的でお見苦しい記事になってしまいました m(_ _)m








b0176695_1414030.jpg
フリー画像からお借りしました







スポンサードリンク

nice!(189) 

北海道・台風の影響が蕎麦にも! [最近のニュースから]

今年も11月半ばとなりました。








来月は年越しそばを食べることになりますね^^









small.jpg
フリー画像からお借りしました







私はおそばが好きで、お昼ご飯をおそばにすることが多いんです。








e059926f2020bb72fa0638061d257336_t.jpeg
フリー画像からお借りしました








美味しくて、健康にも良さそうなので^^








おそば好きの方、沢山いらっしゃると思いますが、ちょっと心配なことがあります。








そば粉の原料となる、国産のそばの実の価格が高騰中なんだそうです。









DSC_7135.jpg
フリー画像からお借りしました








例年の価格は45kgで1万4000円ほどだそうですが、今年は2万円を超え1.5倍ほどに上がっているといいます。








その原因は、北海道を9月初旬に襲った台風21号の影響のようです。








収穫直前の実が落ちて、収穫量は10分の1に激減してしまったということです。









DSC_7134.JPG
フリー画像からお借りしました








また、6月中旬からの長雨や日照不足の影響し、ここ数年なかったほどの不作になってしまいました。








もしかしたら、おそば屋さんでも値段が上がってしまうかもしれませんよね。








農水省によると、本州産のそばの実がまだ収穫中ということもあり、北海道の不作分については、本州産と海外産の輸入などでカバーできるのでは?ということのようです。








多少の値上がりは致し方ないのかもしれません。








大晦日に食べる年越しそば、出来れば国産のそば粉で打ったそばを食べたいですよね!^^








スポンサードリンク

nice!(215) 

青森・初当選した市議の裏の顔! [最近のニュースから]

一昨日のニュースで、この様は報道がされていましたので話題にしようと思いました。








青森市議選で初当選した山崎翔一議員が、Twitterに匿名アカウントで差別的な投稿を行っていたことがわかり問題となっているそうです。









BBPlxNQ.jpg
産経デジタルさんの記事よりお借りしました








「匿名アカウント」とは「裏アカウント」とも呼ばれていて、ツイッターやSNSなどをする時の通常公開しているアカウントとは違う特定の人たちだけを対象に利用するものです。








山崎翔一議員が裏のアカウントで発信していたのは驚きの差別的な投稿でした。








そのアカウントでは、「年金暮らしジジイを舐めすぎ 平日の役所窓口で罵声叫んでるのだいたい爺さん 君にそんなエネルギーあるんかい」「そういえば、デリー行きの電車に乗った時、おかまの物乞い来たな~ 札束めっちゃ持ってたけど」「片腕落として障害者雇用」など、高齢者や性的少数者、障がい者に対する差別的な表現を含んだ投稿がされていたそうです。









これは酷いですよね!








山崎議員はその投稿を認め、5日に会見を開き謝罪したそうです。








記者会見では、「不適切な投稿で多数の方に不快な思いをさせ、誠に申し訳ございません」と謝罪し、26日から始まる任期について、「任期を全うし、不快な思いをさせてしまった方に報いたい」と辞職する意向のないことを強調したということです。








謝罪なのか無理な言い訳なのか?








『年金暮らしジジイ』発言は「同級生の友達が『仕事で疲れて元気がない』『年金暮らしジジイになりたい』という旨の投稿をしており、それに対して私が返信する形で言葉を引用した。『ジイさんは君より元気がある』という趣旨の投稿だった」








LGBT差別発言は「実体験として、トランスジェンダーの物乞いの人にインド出会った経験をしていたという趣旨だった。用いられた単語が差別的なものと知らなかった」








『片腕落として障害者雇用』発言は「障害者の水増し請求問題に関連したもので、同級生の友達との会話のやり取りの中でのものだった」と!








変な謝罪ですね、全くずれています。








山崎さんは議員になるべき人ではなかったようです。








この記者会見をニュースで見たのですが、多くの有権者はサッサと消えてほしいと思っているでしょう!








街頭インタビューを受けた女性は、辞めてほしいと言っていましたね。








ご自身が有権者を騙すために裏アカウントと表のアカウントを使い分けていたこと、紛れもない事実なのですからね。








山崎氏は同市出身。早大卒業後、建設コンサルタント会社を経て現在、IT(情報技術)エンジニア。







スポンサードリンク

nice!(202) 

反セクハラ運動「MeToo」から1年 [最近のニュースから]

今日はセクハラについて書いてみたいと思います。
過去にも同様の記事をアップしていますので、宜しければご覧ください!
2018-04-21の記事
2018-07-01の記事
2018-08-03の記事








今月3日、日本でもあらゆるハラスメントを許さない動きにつなげようと取り組むグループ「#WeToo Japan」が都内でシンポジウムを開催しました。








シンポジウムは、「#MeTooから1年。変わったこと、変わらなかったこと、変えなくちゃいけないこと」と題し行われました。








会場には、自身の性暴力被害を告発したジャーナリスト、伊藤詩織さんのほか、国内外でハラスメント問題に取り組む3人が参加したそうです。









_102253937_e732ee84-c341-4695-8b0d-40c6d672334e.png
BBC NEWS JAPANさんの記事よりお借りしました









伊藤さんは「1年前と比べると、公の場で性暴力についてオープンに話ができるようになった。皆さんが一緒に動いてくれるようになったのは、『#MeToo』が生んでくれた連帯」と語っていたそうです。








また、「当事者意識が重要。誰もが加害者か被害者か傍観者かもしれない」と強調しています。








『自分ごと』と考えずに被害を無視することが、周囲も自分も傷つけることになる」「『#MeToo』でそういうことが分かってきたことに希望を感じている」とも話したということです。








いつ誰がどこで被害に遭うのかは分かりません。








自分だけの問題ではなく、社会全体の問題として取り組むべきなんですよね。








それに、被害者が被害を訴えたことで不利益を被ることは許せません!








もし自分自身が、もし自分の家族が、そんなふうに考えたらどう感じますか?








伊藤詩織さんがご自身の被害を告発して、その結果としてどうなったか、考えていただきたいと思います。









yamaguchi.jpg
フリー画像からお借りしました









これが我が国の現状なんですよね。








情けなくなります。








どうしてマスコミは、重大な疑問を報道ようとしないのでしょう。








そして、私たち国民はもっとこの問題に関心を持ち、追及しなければいけないと思います。








更に、「女として落ち度があった」などと語って内外から批判を受けた自民党の杉田水脈氏、いまだに国会議員を続けていることも納得できません。









hqdefault.jpg
フリー画像からお借りしました








スポンサードリンク

nice!(204) 
前の10件 | - 最近のニュースから ブログトップ