So-net無料ブログ作成

あなたはガソリン「満タン派」?「少な目派」? [ちょっと気になること!]

私は18歳で自動車運転免許証を取得して、学生だったのですがアルバイトをして車を購入しました。







mig.jpg
フリー画像からお借りしました






車はやっと買ったのですが、ガソリン代もかかりますしね~^^



そうなんです!アルバイトばかりしている訳にはいきませんので、ガソリン代を節約しながら車を維持していました。



車検が切れたら即売却してしまいましたけどね^^



学生で車を維持することは大変なんですね。



今、振り返ってみると買う前に分りそうなものですけどね~^^



その頃の私のガソリン節約術を公表しますね。



同様の節約方法をしていた知人がいたのですが、ガソリンを満タンにしないことなんです。



満タンにすると車重が増えてしまうので、燃費が悪くなると単純に考えたんです。



「こまめに少なめ給油」にするのと「つねに満タン」にするのとでは、節約に繋がるのでしょうか?



「WEB CARTOPさん」の記事を読みましたら、どうやら基本的には満タンにした方が良さそうだということが分かりました。



その理由としてこの様な事が書かれていました。



『F1マシンの場合、フューエルエフェクトといって、車重が10kg増えると、平均ラップが0.3秒も遅くなるとされ、予選のタイムアタックのときは、ギリギリの周回分の燃料しか積んでいない。

市販車であってももちろん燃料増の影響はあるが、その影響は100kgの荷物で3%ぐらい(乗用車)。

ガソリンの重さは1リッター=約750g(軽油は約820g)なので、50リットルタンクのクルマで、満タンとタンク半分のときのガソリンの重さの違いは、18.75kg。

このぐらいのウエイト差が燃費に与える影響は、1%未満。1000km走っても1リッターも変わらないだろう。』

『ガソリンスタンドに行く回数が増える分だけ、無駄な燃料消費が増えるうえ、その手間もコストと考えると、毎回満タンにした方が効率はいいはず!』ということなんです。

更に、『燃料ポンプはタンクの中で燃料に浸されていることで、冷却・潤滑されていることを考えると、燃料ポンプの寿命のためにも、あまり燃料は空っぽにしない方がいい。


とくに坂道などでガス欠気味になると、その燃料ポンプが空気を吸って空回りし、一気にポンプの寿命を縮めるので、できればエンプティランプが点く前に、給油するのが理想だ。』



トータルして判断をしてみると、燃料給油は満タンを基本とした方が良さそうです。



また、燃料は古くなると劣化するということや車の使用頻度が低い人は、1~2カ月で使いきれる分だけ給油し、日常的にクルマを利用する人は毎回満タンにすることが良いことが分かりました。



車を運転する頻度の低い方でも、ガソリンは半年以内には使い切った方が良いということでした。








スポンサードリンク

nice!(177)