So-net無料ブログ作成

大阪市営地下鉄職員のひげ訴訟 あなたはどう思いますか? [最近のニュースから]

大阪市営地下鉄(現在は大阪市高速電気軌道)の運転士2人が、ひげをそらなかったことで不当に低い人事評価を受けたとして、市に賠償を求めた訴訟を起こしていました。








079-free-illustration.jpg
フリー画像からお借りしました








大阪地裁の判決は、市に44万円の支払いを命じるというものでした。



市はその判決を不服として、大阪高裁に控訴したそうです。



職種によるのだと思うのですが、一般のお店で店員がひげを生やしていたら、ひげに批判的な方はその店に行かないという選択肢がありますね。



しかし公共性の高い職種では、今回の様に地下鉄では選択肢がないのかもしれません。



乗らないという選択は問題外です。



接客業の基本は身だしなみだと思います。



頭髪については、社会人として常識の範囲内であれば意義を唱える人はいないのではないでしょうか。



しかし、ひげとなると別のようです。



きちんと手入れをしているひげであっても、気になる方が少なからずいるようです。



ひげはダメという内規があるそうですが、就業規則と同等とみなされるのか?などなど法律的になると難しくて分かりません。



私が思うに、明らかに他人に不快感を与える無精ひげでなく、きちんと手入れのされているひげであれば良いのではないか?とも。



私はひげを生やしたことはないのですが、リタイヤしたら試してみようと思っています。



結構似合うと思っています^^



私の職業は人と接する機会が多い為、相手を不快な気持ちにさせる可能性のある行為はNGです。



ひげを個性として受け入れても良いと思っています。



しかし、職場にはルールというものがありますので、市側が控訴した事も理解ができるんです。



市営地下鉄の職員が茶髪にモヒカン、これも個性と主張されると、そうですよねとは言えませんからね^^








a300825-0.png
フリー画像からお借りしました







その時代、時代で常識って変化しているように感じます。



時代にあったルールを決めることも大切ですよね。



今回のひげ問題、市民(利用者)にアンケート調査をしてみても良いのではないでしょうか^^



何でもかんでも訴訟?まるで何処かの国の様ですね!





スポンサードリンク

nice!(187)