So-net無料ブログ作成

初詣前に知っておきたいこと! [ちょっと気になること!]

スポンサードリンク




1月も、もう直ぐ終わりですね!



お屠蘇気分も完全に抜けて、いつも通りの生活パターンに戻りました。



今日は、ちょっとお正月を振り返ってみたいと思います!





illust2523.png
フリー画像からお借りしました





お正月に、は家族そろって初詣に行くという人も多いですよね。





8afe6b8a0d8c3510807073973803b715.jpg
フリー画像からお借りしました





初詣は、年が明けてから初めて神社や寺に参拝することを指します。



ネット上でこんな疑問を投げかけている方々が多いそうです。



「いつまでに行けば初詣?」



「三が日を過ぎてからでもいいの?」



「神社とお寺のどっちに行くべきか迷う」



「正しい作法が分からない」



などなど。



先ず、初詣はいつまでに行けばよいという決まりはないそうです。



多くの方は『三が日(1月1~3日)に行くもの』という考えているようですね。



現在では、年神様のいらっしゃる松の内(関東では1月7日まで、関西では同15日まで)に行くのが目安となっているそうですよ。



新潟県や長野県では、大みそかの深夜から年明けにかけて、2つの年にまたぎ参拝することを『二年参り』といわれ、より功徳が積めるとされているそうです。



地域によって色々な風習があるんですね。



ところで、今年の初詣は神社とお寺のどちらに行きましたか?



私は、家の近くにある氏神様へ詣でました。



これまで、帝釈天や明治神宮、靖国神社、成田山新勝寺など、神社やお寺どちらにも行っています



信仰上の理由がない限り、どちらへお参りに行っても良いそうです。



神社には神様、お寺には仏様がいらっしゃいますよね。



私はしらなかったのですが、神社やお寺が明確に区別されるようになったのは、明治時代の『神仏分離令』以降で比較的最近のことなんたそうです。



それまでは『神仏習合(しんぶつしゅうごう)』といい、多くの神や仏は区別なく信仰の対象とされていたそうです。


そう言えば、成田山新勝寺で厄払いをして頂いた時に、ご僧侶が御札は神棚にって説明されていました。



初詣は、氏神(家の近くの神社)、または菩提寺(自分の家が檀家となっているお寺)に行った方が良いそうです。



その後に、有名な神社仏閣や恵方参りをする様に心掛けましょう、ということでした。



でも、お正月を自宅で迎えない方もいますからね。



なるべくそうした方が良い、ということなんでしょうね。



お詣りの作法も色々とあるようです。



一般的なのは『二礼二拍手一礼』が一般的ですが、出雲大社は『二拝四拍手一礼』なんだそうです。



知りませんでした



参拝前に、必ず確認してから拝礼した方が良さそうですね。



スポンサードリンク



スポンサードリンク



nice!(186) 

nice! 186