So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

黒部のトロリーバス半世紀の歴史に幕 [気になる情報]

スポンサードリンク




今日は、長野と富山の県境にある黒部ダムに通じるトロリーバスの話題です。








黒部ダム、ご存じない方はいませんよね!









d7d79fee048f8687c9492cc4b6d82bdb_t.jpeg
フリー画像からお借りしました








観光で訪れた方も多いでしょうね。








黒部ダムの工事を題材にした映画『黒部の太陽』は有名ですからね。









chapter_l_0001.jpg
フリー画像からお借りしました








『黒部の太陽』(くろべのたいよう)は、木本正次による1964年の小説、ならびにこれを原作とする1968年公開の日本映画。当時、世紀の難工事と言われた黒部ダム建設の苦闘、特にトンネル工事を描いている。
劇団民藝の全面協力による、三船プロダクションと石原プロモーションの共同制作。
出典:wikipedia








なんて書きましたが、私はその映画を観たことがないんです^^








観たいとは思っているのですが、今回の記事を書いていて思い出しました。








その黒部を走るトロリーバス、大町市の扇沢駅と黒部ダムの間を運行してきましたが、先月30日にラストランを迎えました。









22eee332a441472ab6d36a644a1fbdd8ec54d26e.30.2.9.2.jpeg
フリー画像からお借りしました








トロリーバスは、架線から電気を取り入れながら走ります。








1964年に運行を始め、これまでに6100万人を超える人を運んだそうです。








トロリーバスは、国内で次々と姿を消し、最後に残ったのが黒部のトロリーバスでした。








引退をしたのは、3代目のトロリーバスで、導入から20年以上経過して老朽化が目ってきたことなどから54年の歴史にピリオドを打ちました。








来シーズンからは、電気バスに交代することになるということです。








また一つ、昭和の想い出が消えてしまいましたね。








お別れの日には、沢山のファンが黒部ダム駅に詰め掛けたそうです。








出発に先立って駅の改札では、大町市の牛越徹市長や関西電力の関係者などおよそ60人が出席して引退セレモニーが行われ、54年間無事故で運行を続けてきたトロリーバスの別れを惜しんだということです。







スポンサードリンク



スポンサードリンク



nice!(184) 

nice! 184