So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

中国、手のひら返しの大歓迎 ODA終了へ! [最近のニュースから]

スポンサードリンク




今日は、日本の対中政府開発援助(ODA)を取り上げてみたいと思います。








安倍晋三首相が訪中して終了を伝達しました。










plt1810260048-p1.jpg
産経新聞さんの記事よりお借りしました









中国側は、中国の改革・開放と経済建設において積極的な役割を果たしたと評価したということです。








私は、随分前から中国に対してのODAは全く理解できなかったんです。








そもそもODAってどのようなことをいうのでしょう?








外務省のホームページを見てみたんです。








そうしましたら、こんなことが書いてありました。








外務省のホームページより

「開発協力,ODAって何だろう」
開発協力とは,「開発途上地域の開発を主たる目的とする政府及び政府関係機関による国際協力活動」のことで,そのための公的資金をODA(Official Development Assistance(政府開発援助))といいます。


政府または政府の実施機関はODAによって,平和構築やガバナンス,基本的人権の推進,人道支援等を含む開発途上国の「開発」のため,開発途上国または国際機関に対し,資金(贈与・貸付等)・技術提供を行います。


日本は,国際社会の平和と安全及び繁栄の確保により一層積極的に貢献することを目的に開発協力を推進しています。


飢えや貧困に苦しみ,十分な食料や飲み水が得られなかったり,教育や医療を満足に受けられなかったりする人々を抱える国・地域は,世界196か国・地域のうち,146か国・地域(出典:DAC資料)にも及びます。


また,環境・気候変動,水問題,大規模自然災害,感染症,食料問題,エネルギーなど地球規模の問題も山積しています。


開発協力を通じて途上国の発展を手助けし,地球全体の問題解決に努める日本に対して,世界各国から寄せられる期待は少なくありません。


このような期待に積極的に応えていくことは,国際社会における日本の信頼を培い,存在感を高めることになります。


また,現在のグローバル化した国際社会では,国際社会との相互依存がますます深まっており,国際社会と協力して,平和で安定し,繁栄した国際社会を作っていくことは,国民の生活を守り,繁栄を実現することにもつながっています。


このように,開発途上国の安定と発展に貢献することで,望ましい国際環境を形成し,そのことを通じて,日本国民の利益の増進にも貢献する開発協力は,我が国の平和国家としての歩みを体現するものであり,まさに,国際協調主義に基づく「積極的平和主義」の実践なのです。








さて、中国はどんな国なのか、絶対に忘れることのできない1989年に起こった天安門事件、少数民族(ウイグル族)などイスラム教徒の弾圧、南沙諸島海域における人工島建設(軍事要塞化)、軍備の拡充、勿論核兵器の開発などなどやりたい放題です。



















そんな国へ日本政府は、ODAとして1979年から始まり40年近くの間に合計3兆6千億円の公費の投入をしてきました。








公費とは私たちの税金のことなんですからね!








産経新聞さんの記事を読んだのですが、日本からの経済援助は中国側の官営メディアは一切、伝えなかったそうです。








もちろんですが、中国の一般国民はまったく知らなかったのです。








日本からのODAで建設された北京国際空港ビル、北京地下鉄2号線、南京母子保健センターなど開設式の祝辞や碑文にわが国の名前は何処にもなかったといいます。








更に酷いのは、旧大蔵省と輸出入銀行から「資源ローン」という公的資金が中国にわたっていたそうです。








総額は99年までに3兆3千億円にもなり、ODAと合わせると中国への援助総額は7兆円なっていたのです。
どうして中国へ私たちの税金が垂れ流し状態なのか、不思議でなりませんでした。








今回、中国へのODAが終了しますが、改めてわが国の政府が如何に情けないかを感じているところです。








国内には、今、支援を必要としている方々が沢山いらっしゃるというのに!









国内最優先、納税者を第一に考えるべきだと思うのですが。








そんなふうに感じているのは、私だけなのでしょうか?








あっ!因みに、わが国からのODA終了が報じられ、中国のネットユーザーからは「この円借款が中国経済の発展に大きく寄与したことは否定できない」「日本政府の低利子による資金援助には感謝するよ」などのコメントが寄せらているそうです。








更に、中国ではこのような報道も!『日本の対中ODAは「慈善事業ではなく投資」 感謝する必要ない』









BN-FL677_1110JC_G_20141110005012.jpg
THE WALL STREET JOURNALさんの記事よりお借りしました









スポンサードリンク



スポンサードリンク



nice!(200) 

nice! 200