So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

サバ漁の低調続く [最近のニュースから]

先日は、サンマやイワシの大漁を話題にしましたが、今日は人気急上昇中のサバを取り上げてみました。








ご存知のように、9月の全国主要漁港生鮮サンマ総水揚量は不漁だった前年同月の2.3倍の3万207トンと水揚げが好調です。








魚体は1尾110~140グラム中心で、生鮮向きのサイズがまとまり、築地市場の9月卸売数量も倍増したそうです。








因みに、今週は生サンマのお値段が1尾140円で、焼いたサンマは1尾200円でしたよ!^^









4464-1-400-350.jpg
フリー画像からお借りしました








201610230247192c7.jpg
フリー画像からお借りしました









数年前のお値段に戻ってくれると嬉しいですね。








今、気になっているのは、サバ漁が不調ということなんです。








知らなかったのですが、国内のスーパーが扱うサバの半分以上がノルウェー産ということです。








原産国では、天候不順で漁が不調らしいです。








国産も10月上旬まで数量がまとまらず旬を迎えているのですが、黄色信号が点灯しているようです。








既にノルウェー産の現地価格は高騰しているそうで、現状が続けば、国内サバ市場にも大きな影響がでそうです。







困りましたよね!








サバの缶詰が物凄い人気になっていますよね。








food_kandume_saba.png
フリー画像からお借りしました







何時ものパターンなのですが、サバなどの青魚に多く含まれる健康成分のEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)は、ともに体内の血のめぐりを良くし、DHAには脳を活性化する働きもある、そんなことを昨年TV番組で放送したことが原因のようです。








1缶100円程度で販売されていますので、体に良くて安価なので、とても魅力のある食品だと思います。








日本人は熱しやすくて冷めやすいので、サバ人気も長続きはしないと思うのですが、ブームとは関係なく食べていた方は気の毒ですね。








最後に、調査によるとサバの資源量は悪くないそうなんです^^








今後の水揚げに期待をしてみましょう!








スポンサードリンク

nice!(74) 

夫が死ぬと妻の年金は? [気になる情報]

先日は、熟年離婚について記事を書きましたが、今日は夫が亡くなった場合に残された妻の年金について書いてみました。








男性に比べると女性は長生きをしているようですね。








publicdomainq-0010101dye.jpg
フリー画像からお借りしました








それは、とても良いことだと思っています。








男性が残されてしまうと、困ることが沢山ありますからね。








炊事や洗濯をはじめ、親戚やご近所のお付き合い、我が家ではお金の管理も全て妻の係りなので、昨年長期間入院をした時には大変でした。








厚生労働省の2017年の統計では、日本人の平均寿命は、女性が87.26歳で、男性が81.09歳だそうです。








男性に比べて、女性のほうが長寿であることは間違いないようです。








女性の方が、人生の最後を1人で迎える可能性が高いということですよね。








さて、お付き合いが先に逝ってしまったら、気になるのはその後の生活についてです。








先ず、夫婦で会社員だった場合、夫が先に他界すると、支給されるのは、残された妻自身の「老齢厚生年金」か、亡くなった夫の「遺族厚生年金」のどちらか金額が多いほうになるそうです。








「遺族厚生年金」は、亡くなった人の老齢厚生年金の75%です。








妻の方が年収が高かった場合は、支給されないこともあるそうです。








更には、受け取り時の妻の年収が850万円(所得金額で655万5000円)以上の場合には、遺族厚生年金は支給されないということです。








夫婦で会社勤めをしていた場合は、どちらかが先に逝ってしまった時に支給される年金は、世帯全体で見ると最大半分程度になることが多いのだそうです。








次に、会社員の夫が先に亡くなった、専業主婦の妻の場合はどうでしょう?








夫が会社員だった場合の妻は「遺族厚生年金」を受け取れます。








遺族厚生年金の金額は、夫の老齢厚生年金の75%でしたよね。








専業主婦であれば、厚生年金に加入していないので、夫の遺族厚生年金がそのまま受け取れることになるそうです。







夫がフリーランスや自営業だった場合はどうでしょう?








会社員と違って、厚生年金には加入していませんね。








ですから、遺族厚生年金は支給されないんです。








国民年金から「死亡一時金」として、12万円~32万円が一度だけ支給されるだけだそうです。








しかし、死亡時に、18歳未満の子どもがいなくて、妻の年齢が60歳~65歳であれば、その間のみ「寡婦年金」が支給されることになるということです。








支給額は、夫の老齢基礎年金の75%です。








支給にあたっては他にも条件があるようなので、気になる方は役所や年金事務所にお尋ねくださいね。








フリーランスだった夫が亡くなった場合は、夫の分の年金はほぼなくなってしまうと思って良いようですよ。








ちょっと読んで頂いただけでも、浪費家でない夫であれば生きていた方が家計には良さそうですね!









nenkin01.jpg
フリー画像からお借りしました








夫婦仲良く二人で長生きするのが一番です^^








スポンサードリンク

nice!(187) 

キノコ採りの際にはご注意ください! [気になる情報]

illust398.png
フリー画像からお借りしました








キノコの美味しい季節になりましたね〜!








P030430100_480.jpg
フリー画像からお借りしました







今年は、猛暑や降雨の影響で全国的にキノコが豊作なんだそうです。








毎年この時期になると毒キノコを話題にしていたのですが、今年はキノコ採りによる事故を取り上げてみました。







キノコが豊作なのは嬉しいのですが、キノコ採りに行った方の遭難死亡事故が急増しているそうなんです。








昨日のニュースでも長野県にキノコ採りに行った新潟県の70代の男性二名がお亡くなりになったと報じていました。







長野県警によると、同県では8月から今月15日にかけ20人が遭難し、13人が滑落などで死亡しているそうです。







山梨県では昨年より3人多い4人が死亡し、岩手県でも3人が死亡しているといいます。








多くが60歳以上の方そうで、死者数は例年を上回るハイペースで推移しているそうです。








キノコ採りのシーズンは、今月末頃まで続きますから、まだまだ注意が必要ですね、








キノコが生息している場所の地面は一般的に、じめじめして滑りやすいそうです。








06_4.jpg
フリー画像からお借りしました







既に、麓に近い平たんな場所は採り尽くされていますよね。








更に山奥に向かう人が増えているようです。








また、キノコが沢山ある場所は家族にも秘密にする人が多く、最初はグループで入山しても、途中から単独で行動し、連絡が取れなくなるケースも増えているということです。








長野県警山岳安全対策課の担当者は、次の様に注意を呼びかけているそうで。








「携帯電話や防寒具などを持参し、万が一、遭難しても迅速に捜索しやすいように家族には行動予定をきちんと伝えてほしい」








キノコを採りながら、ついつい山の奥まで入ってしまう方も多いのでしょうね。








東北の知人に聞いたことがあるのですが、キノコ採りに山に入る時には熊にも気を付けなくてはいけないそうです。








遭難も怖いし熊も怖いですから、山に入る時には、それなりの準備が必要ということなんですよね。








ご年配の方は、特に気を付けて頂きたいと思います。








スポンサードリンク

nice!(174) 

築地市場の解体工事始まる! [最近のニュースから]

朝日新聞デジタルさんに、築地市場の建物の解体作業が始まったという記事がありましたので読んでみました。








今月11日、建物の解体作業が始まりました。








96958A9F889DE1E4E1EBE2E4E2E2E3E3E3E2E0E2E3EA9191E3E2E2E2-DSXMZO3639058011102018CC1001-PN1-5 (1).jpg
日本経済新聞さんの記事よりお借りしました








荷物が運び出された築地市場内には、作業用の重機が入り、駐車場の雨よけ用のひさしなどを撤去したそうです。







移転先の豊洲市場では、同日が開業日でしたよね。








いろいろとトラブルもあった様ですが。








当面、築地市場で心配なことは市場内に居ると言われているネズミと建物を解体した時に問題となるアスベストだと思います。








83年もの間、鮮魚や野菜を扱ってきた市場の敷地内には大量のネズミが生息しているそうです。









a.jpg
フリー画像からお借りしました








管理者の東京都でも生息数の推定困難のようです。








地元では解体工事によて、ネズミが周辺に拡散するのではないかという不安が広がっています。








都としても、市場の外周部にネズミの拡散を防ぐ板や金網を設置しています。








更には、その内側に400個の捕獲かごや地下で場外の雨水管とつながっている部分にはネットを設置しているそうですが、完全に駆除することは難しいようです。








以前聞いた話では、築地市場から移動したネズミは銀座へ向かうなんて説もありました。








築地場外にある店舗の皆さんや周辺の方々は不安でしょうね。








東京都としては、移転の準備が本格化した今年度以降、ネズミを捕獲する粘着シートやかご、ネズミを駆除する薬品を敷地内に置く対策をとってきたそうで、これまでに1700匹以上を駆除したということです。









物凄い数ですよね!








東京都によると、築地市場には「ドブネズミ」と「クマネズミ」の2種類のネズミが生息していて、「ドブネズミ」は大きいもので30cmにも成長する大きめの種類なんだそうです。








駆除するのも、大変な作業になりますよね。








ネズミが場内から出てしまっては、手の打ちようが無くなりますから、専門の業者へ依頼するなどの対策を講じて欲しいと思います。








次に、建物の解体に伴い対策が必要なのがアスベストですよね。









ec6511a1b455967f26dfe932347d0104_t.jpeg
フリー画像からお借りしました








都は約1年4カ月かけて、場内の155棟を解体する予定だそうです。








飛散防止剤を使用して作業をするようですが、アスベスト専門業者からは「アスベストの処理の工事としては非常に大規模」として、住民や専門家と十分な協議をするよう都に要望している。








築地市場は古い建物が多く、都によると55棟でアスベストを使用。都は、飛散防止剤を使いながらアスベストを撤去するということですが、万が一にもアスベストが飛散しないように万全の対策を講じてもらいたいですよね。







近隣住民の方々やお店を構えている方は、ネズミもアスベストもですからね、当分の間は心配の種が尽きないようです!









スポンサードリンク

nice!(196) 

『バカマツタケ』ってご存じですか? [気になる情報]

秋の味覚の王様と言えば、松茸ですよね!^^









マツタケ.jpeg
フリー画像からお借りしました








食べたいのですが、国産の松茸は高価で手が出ません。








やはり、輸入した松茸と国産を比べてしまうと、全然違いますからね。








松茸以外にも秋の味覚を味えるのですが、松茸が食べた〜い!いう方にお知らせがあります。








バカマツタケってご存知でしょうか?(地域によっては「早松」とも呼ばれているようです。)









バカマツタケ.jpg
フリー画像からお借りしました








バカマツタケは、本物の松茸とは見た目はちょっと小ぶりで白っぽいのですが、味や香りは勝るとも劣らないといいます^^







松林で育つ松茸とは違い、広葉樹林の雑木林に自生するキノコだそうです。








バカマツタケは希少な食材で、ごく一部の地域にしか出回っていないそうです。








バカマツタケの土瓶蒸しを食べた方の感想は、「香りが素晴らしいですね、鼻から抜けていきます。歯ごたえもあって非常に美味しいです」ということです!^^









eca0e728459ea34d3cab2db71a2a4e6b_t.jpeg
フリー画像からお借りしました









そのバカマツタケを世界で初めて完全人工栽培に成功したということです。








成功したのは、兵庫県加古川市にある「多木化学」という会社です。








同社では、おがくずなどを使って土台を作り、そこに菌を仕込んで育てる方法を開発しました。








この人工栽培によって、室内で育てることができるため、一年中、バカマツタケを供給できるようになったのです。








これは凄いことですよね!








株価が高騰しているということですからがんばったかいがありましたね。








同社では、3年後に市場に流通させることを目指しているそうで、松茸ではありませんが、安価に松茸気分が味わえるのも時間の問題のようです。








ヤッパリ日本の企業は凄いですね!^^








スポンサードリンク

nice!(193) 

カップ麺のどん兵衛に新商品登場! [気になる情報]

今日は、カップ麺の話題にしました。








カップ麺は何時でも手軽に食べられますから、本当に重宝な食べ物ですよね。








最近は食べなくなりましたが、一人暮らしをしていた学生の頃は毎日の様に食べていた時期もありました。








種類も豊富で、非常食としても役に立っていますよね。








そのカップ麺、長年根強い人気を保っているのが日清のどん兵衛です。








うどんシリーズは1976年8月からそばシリーズは同年11月から販売されています。








1976年(昭和51年)8月、当時大ヒットしていた東洋水産の世界初のカップうどん「マルちゃんのカップうどんきつね」(赤いきつねの前身)に対抗する製品としてきつねうどんの製造・販売を開始しました。








現在は、天ぷらそばやカレーうどんなどのシリーズも販売しています。








緑のたぬきや赤いきつねも美味しいですよね~!^^









parts_img_reduction.jpg
フリー画像からお借りしました








話を戻しますね、その日清のどん兵衛に新商品が10月15日に登場します。








どん兵衛のおそばが、お揚げと天ぷらと蒸し鶏をフル装備そうですよ! 「日清のどん兵衛 どリッチ 全部のせそば」と言うそうです。








うどんだけでなく、「日清のどん兵衛 天ぷらそば」に、「サクサク天ぷら」だけでなく「やわらか蒸し鶏」「サクサク天ぷら」も加えた全部のせです!^^









l_kuro_181009zenbusoba02.jpg
フリー画像からお借りしました








l_kuro_181009zenbusoba01.jpg
フリー画像からお借りしました








2018年4月に発売した「日清のどん兵衛 どリッチ 全部のせうどん」が大好評だったそうで、そばでも食べてみたいという声が多かったそうなんです。









うどん.jpg
フリー画像からお借りしました








「日清のどん兵衛 天ぷらそば」価格は313円(税別)です! ちょっと食べてきたいと思いませんか?^^








通常記事用

スポンサードリンク

nice!(191) 

酒の自販機「絶滅の危機」 [お酒の話題]

今日もお酒の話題にしちゃいました!^^








あなたは、お酒を買える自動販売機を使ったことはありますか?









maxresdefault.jpg
フリー画像からお借りました








私は、学生時代から自宅で沢山の友人と飲み会をした時には、お酒の自動販売機にお世話になりました。








お酒を飲んでいて足りなくなることってあるんですよね~








毎回でしたが^^








近くにコンビニが無くても、手軽に缶ビールや缶チューハイを手に入れられ、便利でありがたいです。








最近は、お酒の自販機のお世話になったことはないのですが、最近は自動販売機でビールやタバコでも買おうとすると、成人識別がどうこうと記載されている自販機が増えているようです。








その自販機は、運転免許証で購入者が未成年か否かを識別するそうなんです。(酒自販機でもっとも普及した方式で、実際には稼動していない場合が多いそうです。)








YouTubeでこんな動画を見つけました^^  ご覧ください!










国税庁が9月にまとめた調査結果「酒類自販機の設置状況」(2018年4月1日時点)によると、購入する人の年齢確認ができないタイプの自販機(従来型)は全国2753台あるそうです。








業界が自主的な撤廃に動き出した1996年時点(18万5829台)のわずか1.5%にまで落ち込んでいるのです。
酒の自販機年齢確認機能は、未成年者の飲酒防止を目的として、全国小売酒販組合中央会が1995年に従来型の屋外設置の撤廃を決議したのがきっかけでした。








そこに国税庁の「厳しい指導」も加わってことから現在の様な設置台数となっています。








設置台数は、1996年=18万5829台▽2000年=12万4400台▽2005年=4万9100台▽2010年=2万9200台▽2015年=1万9500台▽2017年=1万6900台で、直近の2018年4月1日時点の調査では、1万5653台(従来型2753台、改良型1万2900台)となっているそうです。








国税庁は、全ての酒類自動販売機の撤廃を目指しているようです。








将来的には、お酒の自販機は消えてしまうんでしょうね。








利用することはないと思いますが、ちょっと寂しい感じがしています。








まっ!未成年者の飲酒を防ごうとする取り組みは良いことだと思うんですけどね^^








スポンサードリンク

nice!(196) 

清酒酒蔵 仏三ツ星レストラン向け日本酒を共同開発 [お酒の話題]

スポンサードリンク









今日はお酒の話題なんです!^^;









yun_12669.jpg
フリー画像からお借りしました








日本酒をフランスで販売するための動きが始まりました。








フランス料理の巨匠、故ジョエル・ロブション氏を父に持ち、ブルゴーニュワイン騎士団審査員などを務めるロブションさん、凄く有名な方のようです。








今月2日、そのルイ・ロブション氏が代表取締役を務める、日本酒を中心とした日本産品の輸出商社「JAPAN EXQUISE株式会社」が、フランス・パリの三ツ星レストランをターゲットに開発した日本酒の発表会を外国特派員協会にて開催されました。








ワインと並ぶ食中酒として人気が高まるフランス市場向けの日本酒として、国内の酒蔵から5社を選定し日本酒の共同開発をしたそうです。








選ばれた蔵元さんは次の5社です、








国稀酒造さん(北海道)
酒造好適米「吟風(ぎんぷう)」を使い軽快でいながら、芳醇な味わいに仕上がったそうです。








金紋秋田酒造さん(秋田県)
熟成古酒ブランド「山吹」をベースに「Yamabuki 1988」を共同開発し、あえて日本酒らしからぬデザインのボトルを採用したそうです。








豊島屋さん(長野県)
酒蔵のすぐ近くにある、南アルプスの田んぼで育った酒造好適米「たかね錦」を使い、山々の息吹や咲き乱れる花の香りを感じさせる仕上がりだそうです。








若竹屋酒造場さん(福岡県)
地元の米で造ったお酒で、濃醇で甘口な佐賀県らしい味わいを大事にしながら、そこに酸味を足すことで、キレがありつつ、甘味と酸味のバランスが良く、ワインのような印象だけど米の甘味が出て良い仕上がりだそうです。








基山商店(佐賀県)
蔵から数分歩いたところにある田んぼの米を使用しています。
3.5以上の酸度で、佐賀酒らしい米の芳醇な甘味とのバランスがよく取れた、口当たりのソフトなお酒に仕上がっているそうです。








5酒蔵から出された日本酒は6商品です。








PR TIMES.png
PR TIMESさんの記事よりお借りしました








合計で2,080本の日本酒が「ジョエル・ロブション」「アラン・デュカス」「パヴィヨン・ルドワイヤン」といったパリの三ツ星レストランでの導入が決まっているそうです。








10月5日には「パヴィヨン・ルドワイヤン」での発表記念ディナーが行われました。








今後も著名シェフやソムリエ、ジャーナリストなどを招いた記念ランチやディナーを随時開催されるそうです。








また、来月からは日本、台湾、中国など、アジアの三ツ星レストランへもアクションを起こす予定で、来月上旬には恵比寿のシャトー・レストラン ジョエル・ロブションにて、記念ディナーを開催することになっているそうです。








今回の試みは、国内で販売されている既製品ではなく、パリで販売するのに合わせて一から造られた日本酒であるというところが凄いんです!








フランス人に好まれる商品を作るのですから、気に入られる事は間違いないですね^^








更には、三ツ星レストランに通う、食への関心が高い常連客に飲んでもらうことで、日本酒のフランス市場での拡大を狙っているそうです。








6つの商品は、価格を100〜500ユーロと通常の日本酒よりも高めに設定したそうです。








日本酒は、醸造技術の高さに比べて安すぎると言われる為、日本酒の価値を高め適正な価格にしたかったのです。








5蔵元のある地域の特別な原料と製法を採用し、ボトルデザインにもこだわるなど、手間暇をかけている正に適正価格なんだそうですよ!








近年、国内では日本酒の販売が頭打ち状態ですからね。








海外へ販路を見出すしかないのですから。
そして、本物の日本酒を海外の方々にも飲んで頂きたいですよね。








どこぞの国の業者が販売している、まがい物の日本酒とは比べ物にならないはずですからね。








日本からフランスへ!そして世界へ!








本当に成功してくれるといいですね^^







今回「JAPAN EXQUISE株式会社」との共同開発に協力した蔵元さんの紹介は、こちらをご覧くださいね!^^

国稀酒造さん(北海道)


金紋秋田酒造さん(秋田県)


豊島屋さん(長野県)


若竹屋酒造場さん(福岡県)


基山商店さん(佐賀県)








スポンサードリンク


スポンサードリンク

nice!(194) 

「シートベルトやチャイルドシート」着用免除について [気になる情報]

今日は、車の乗る時の「シートベルトやチャイルドシート」着用について取り上げてみることにしました。









27930.jpg
フリー画像からお借りしました








車のシートベルトは、平成4年(1992)11月1日から運転席・助手席の義務化に始まり、平成20年(2008)6月1日からは後部座席でも着用が義務付けられるようになりました。








現在は、車に乗ったらシートベルトを装着することは当たり前になりましたね。








しかし、このシートベルト、着用免除される場合もあるそうです。








みなさんは、シートベルトを着用しなくてもよい場合があることを知っていますか?








道路交通法施行令第26条の3の2に「座席ベルト及び幼児用補助装置に係る義務の免除」という項目があるそうなんです。







以下のような場合が装着を免除されるそうです。

・郵便物の集配業務その他業務のために頻繁に当該車両に乗降することを必要とする場合
・消防車等における緊急車両の場合
・警察車両で被疑者逮捕時等、逃走を防止しながら輸送する場合
・公職選挙法の適用を受ける選挙の選挙カーで選挙運動中の場合
・パレード等で前後を警察車両により護衛されている場合

・シートベルトがない場合
・怪我や障害、妊娠などにより、シートベルトを装着することが療養または健康上適当ではない場合
・運転者席以外の座席の数を超える数の者(定員以内)を乗車させるシートベルトが着用できない場合
・座高が高いか又は低いこと、著しく肥満していてシートベルトを適切に着用できない場合
・バックする時に後方を確認するために必要な場合(運転者のみ)

・車両の構造上チャイルドシートが装着できない場合
・運転者席以外の座席の数を超える数の者(定員以内)を乗車させる場合で必要な数のチャイルドシートが装着できない場合
・怪我や障害などにより、チャイルドシートを装着することが療養または健康上適当ではない幼児を乗車させる場合
・著しく肥満していることその他の身体の状態により、チャイルドシートを使用することができない場合
・運転者以外の者が授乳その他の日常生活上の世話(チャイルドシート上でできないもの)を行っている幼児を乗車させる場合
・タクシーやバスなど一般旅客自動車運送事業の乗り物に幼児を乗車させる場合
・応急の救護のため医療機関、官公署その他の場所へ緊急に搬送する必要がある幼児を乗車させる場合








ちょっと見ただけでも沢山ありますよね。








私は、身体に障害のある場合のシートベルトの装着について、役所で確認したことがありますが、的確な回答は得られませんでした。








もしお困りの方がいらっしゃいましたら、警察署に問い合わせた方が良いようですよ。








スポンサードリンク

nice!(191) 

「改正労働者派遣法」正社員化に逆行 [最近のニュースから]

今日は「改正労働者派遣法」を話題にしてみました。









business_kubi_haken.png
フリー画像からお借りしました









改正労働者派遣法が施行されてから9月30日で3年が経ちました。








「改正労働者派遣法の3年ルール」改正法には派遣労働者の正社員化を促す狙いがありました。








しかし、現実はどうなのでしょう?








派遣先の企業には直接雇用の義務はなく、3年たったら別の派遣社員に切り替えることも可能なため、正社員化は進んでいないのです。








直接雇用の形で雇い入れるということは、人件費が増すということになります。








その負担を考えてのことなのでしょうが、正社員にすることに慎重な企業が少なくないようです。








現状は、長く同じ職場で働いてきた派遣社員が雇い止めとなる「派遣切り」も出始めているようです。








「改正労働者派遣法」なんて、厳しい労働条件で働いている派遣社員を一時騙すためのものだったようですね。







強制力(罰則)を伴わない法律を守る企業は極めて少ないでしょう、当初から分り切っていたことなのですが!







現在、直接雇用や派遣会社の無期雇用への切り替えを進めている企業もあるようですが、直接雇用の場合でも正社員でなく最初は契約社員とすることが多いそうです。








先ずは契約社員で!と話しておいて、何れは正社員になれるかも?なんて言っているのでしょうか。








しかし、派遣会社自体に無期雇用された場合「非正規雇用の固定化」につながってしまうことになるのでしょう。







いずれにしても、改正法には不備が多い!というよりも、わざとその様に穴だらけの法律にしたのでしょうね。








企業には、法律云々ではなく、真面目に働いてる派遣労働者の雇用安定に尽力して頂きたいと思います。








スポンサードリンク

nice!(205) 
前の10件 | -