So-net無料ブログ作成
気になる情報 ブログトップ
前の10件 | -

「オオグソクムシ」は美味しい? [気になる情報]

以前にも「オオグソクムシ」を取り上げた記事を書いたのですが、もう消えてしまったので、もう一度話題にしてみようと思います。









実は、先日TV番組で「オオグソクムシせんべい」が紹介されていましたので、思い出したんですですけどね ^^









「オオグソクムシ」って知らない方が多いと思いますので、ちょっと見てみてください!









daiougusoku_tp1.jpg
フリー画像からお借りしました









ねっ!これが「オオグソクムシ」です。









雑食性で、水中の有機物なら何でも食べてしまいます。









魚の死体や弱った小動物やヒトデなどを食べているそうです。









見た目がグロテスクで非常に貪欲で、網にかかった魚を食い荒らすことがあるそうで、漁師からは嫌われているということです。








この「オオグソクムシ」を食べてみようとは思いませんよね~









しかし、食べてみるとオオグソクムシの味はカニやシャコそれにエビに近いそうなんです。









カニやシャコ、エビということは、美味しい!って言うことですよね?









その「オオグソクムシ」のせんべい販売されているんです。









この「オオグソクムシせんべい」は、オオグソクムシを粉末に加工し、うるち米でせんべいにした商品です。










51w84t7BdWL._SX425_.jpg
フリー画像からお借りしました









また、新商品としてオオグソクムシをまるごと1匹入れた『そのまんまオオグソクムシせんべい』が4月28,29日に幕張メッセで開催されるイベント『ニコニコ超会議2018』にて『そのまんまオオグソクムシせんべい』を2日間で60点の限定発売しています、










fc1367c25adfb627085045bfe2f8b880_1524645222_1.jpg
フリー画像からお借りしました









ご興味のある方は、ビールのおつまみに如何でしょうか!^^
「オオグソクムシせんべいの」ご購入はこちらからどうぞ!









スポンサードリンク

nice!(188) 

名古屋の「子供食堂」に感動!^^ [気になる情報]

先日も「子供食堂(無料食堂)」を話題にしたのですが、オトナンサー報道チームさんの記事に奈良の「無料食堂」が取り上げられていましたので、紹介したいと思います。









先日の記事はこちらをご覧ください。









「子供食堂(無料食堂)」は、子どもやその家族、そして地域の人々に対して無料または安価で栄養のある食事や温かな団らんを提供するために行われている活動です。









子どもと大人たち、そして地域のコミュニティとの繋がり、その活動が各地で拡大しています。









今日は、奈良のとんかつ店が行う“無料食堂”の話題です。









奈良市にあるとんかつ店の店頭に掲げられた張り紙が、SNS上で反響を呼んでいるそうです









そのお店は、2014年9月にオープンした奈良市神殿(こどの)町にあるとんかつ店「まるかつ」さんです。









まるかつ食堂さんの店頭には、このような内容の貼り紙がしてあるそうです。


「まるかつ無料食堂」

「もしどうしても、お腹がすいても、お家にお金がないときや、お子さんにおいしいものをお腹いっぱい食べさせてあげたいのに、ご事情があってむずかしいときなどは、コソっと店長に相談してください」

「そのときは、店長のおごりで、コソッと無料でお腹いっぱい食べてもらいます」

「お代は出世払いでもいいですし、忘れてもらってもいいです。少しでも元気を出すきっかけになればうれしいです」
オトナンサー報道チームさんの記事より抜粋










実際の貼り紙の映像です! 
muryoshokudo180504.jpg
フリー画像からお借りしました









店長の金子さんによると.無料提供しているメニューは「何でもよいという人にはロースかつ弁当(1180円)を予定していますが、リクエストも受け付けます。唐揚げやコロッケも食べて『頑張ろう』と思ってもらえたら」ということです。









また、店長さんは「お店で食べるのが気まずければ、お弁当のお持ち帰りでも大丈夫」と優しい心配りもされているようです。









本当に感激してしまいました。









店長さん、素晴らしい方ですよね^^










img_2632.jpg
ロケットニュース24さんの記事よりお借りしました









本当に頭が下がります。










このような「子供食堂(無料食堂)」がわが国で必要となっているのが現状なのです。









活動が更なる広がりをみせることを期待していますし、店(個人)の負担だけではなく地域や行政からの支援も必要だと思います。









まるかつ食堂さんのホームページはこちらからどうぞ!^^









スポンサードリンク

nice!(202) 

台湾・旧日本軍の軍人が神様に! [気になる情報]

今日は嬉しい話題です^^









以前、TVの番組でも放送されていたのですが、5/9の茨城新聞さんの記事にもなっていましたので、そのことを話題にしてみました。









その話題の舞台となったのは、台湾の台南市です。









旧日本軍の軍人が、地元の守り神として祭られているのです。









その軍人さんは、茨城県水戸市出身の杉浦兵曹長です。









1944年、日本の統治下だった台湾の海軍航空隊でゼロ戦のパイロットだったそうです。









杉浦兵曹長は、米軍機をゼロ戦で迎撃した際に被弾しました。









急降下する先に台南の集落があるのを見た杉浦兵曹長は、住民を守るため集落への墜落を回避し、米軍機からの機銃掃射を受けて戦死したと伝えられています。









台南の住人は、杉浦兵曹長をたたえる霊堂の「飛虎将軍廟(ひこしょうぐんびょう)」を造りました。











鎭安堂飛虎将軍廟.jpg
出典:wikipedia









maxresdefault.jpg
フリー画像からお借りしました










今でも地元の守り神としてお祭りされているということです。









有難いですよね。









きっと、言葉や肌の色、国や宗教が違っていても人としての心は通じ合えるということなのでしょうね。









そして、感謝するという気持ちも。









同霊堂を含む周辺の廟の祭りが4月27日に台南市で開かれたそうです。









日本からも、そのお祭りに70人ほどの人が参加したということです。









これからも、わが国と台湾との交流が益々盛んになると良いですよね!^^









杉浦兵曹長をたたえる霊堂の「飛虎将軍廟(ひこしょうぐんびょう)」について、wikipediaからの抜粋です。


『1944年、台湾に配属されていた日本海軍の杉浦茂峰兵曹長(戦死後に少尉昇進)は零式艦上戦闘機三二型に搭乗して台湾沖航空戦に出撃。


10月12日午前、台南上空で米軍機を迎え撃つも撃墜され、落下傘降下中に機銃掃射を受けて戦死した。軍靴には「杉浦」と書かれていて、その後第二〇一海軍航空隊分隊長の森山敏夫大尉の協力で、この飛行士が「杉浦茂峰」と判明した。


第二次世界大戦後、村のあちこちで不思議な夢を見たという噂が広まった。


白い帽子と服を着た日本の若い海軍軍人が枕元に立っているという夢を見たという者が、皆に話したところ、同じ夢を見たという者が数人名乗りでた。


その後、その海軍軍人が杉浦であり、集落への墜落を避けるため被弾した乗機を操縦して郊外まで飛び、そのために脱出が遅れて戦死したことが判明。


自分の生命を犠牲にして村人を救った杉浦を祀るため1971年、落下地点に廟を建設した。


現在は毎日管理人が朝夕2回、煙草に点火して神像と写真に捧げて、日本の国歌「君が代」、午後は「海行かば」を祝詞として歌っている。


2016年9月21日には神像が高雄国際空港から成田国際空港を経て杉浦の故郷である茨城県水戸市に運ばれて里帰りを果たし、翌22日には茨城県護国神社で慰霊祭が営まれた。


これは、2016年春に廟を訪ねた日本人作家の夢枕に杉浦が立って「水戸に帰りたい」と告げたという話があり、それを受けて廟の管理委員会が神像に伺いを立てたところ「その通りである」との託宣を得たことによる。


その後、神像は台湾に戻されるが、同神社には茨城県に関係した軍人・軍属が合祀されていることから、飛虎将軍廟から護国神社に分祀しようという計画もあるという。』









c0bae447de8d2c0610732939d34e4f8a.jpg
杉浦茂峰(すぎうら しげみね)
大正12(1923)年11月99日生まれ。茨城県水戸市出身。日本海軍の兵曹長。1944年の台湾沖航空戦に出撃。10月12日午前、台南上空でアメリカ空軍を迎え撃つも撃墜され畑の中に落ちて戦死。享年20歳。
戒名は「忠勝員義阿繁峰居士」
出典:NAVERまとめ






スポンサードリンク

nice!(203) 

群馬・新たなご当地名物になるか「八ツ場ーガー」完成! [気になる情報]

今年のゴールデンウイークは、如何お過ごしでしたか?








お出かけをされた方も多かったと思います。








私は仕事があり、何時もとほとんど変わらない生活をしていました。









通勤の電車内は空いていたので良かったですけどね^^









ご当地グルメに舌鼓を打たれた方、何をお食べになりましたか?








ラーメン、うどん、海の幸、山の幸、等々「肉フェス TOKYO 2018」も連休中に行われましたね。








お肉好きにはたまりませんよね^^









群馬県長野原町長野原にある「浅間酒造観光センター」では、連休を前に様々なご当地メニューが用意されていました。










about_01.jpg
浅間酒造株式会社のホームページよりお借りしました











caption.jpg
浅間酒造株式会社のホームページよりお借りしました











先ず「八ツ場ーガー」は、地元の八ツ場ダムにちなんで登場したメニューです。










AS20170525004817_comm.jpg
朝日新聞デジタルさんの記事よりお借りしました










八ッ場ダムは利根川の主要な支流である吾妻川中流部、群馬県吾妻郡長野原町川原湯地先に建設が進められている多目的ダムで、2020年に完成予定です。








完成すれば神奈川県を除く関東1都5県の水がめとしては9番目のダムとなるそうです。









また、浅間山をイメージした激辛ラーメン「浅間の鬼辛らーめん」も用意されています。










yun_1085.jpg
フリー画像からお借りしました










活火山の浅間山ですから、物凄い辛さなんでしょうね^^









更には、真っ黒な見た目の「溶岩から揚げ」に大きなメンチカツが入った「八ツ場丸岩ダムカレー」とご当地メニューが盛りだくさんです。








因みに、「浅間の鬼辛らーめん」は従来の激辛ラーメンの2倍の辛さで、完食すると日本酒がもらえるチャレンジメニューとなっているようですよ!^^








同センターは今年で開業30周年を迎えたそうです。








夏にはビアガーデンを初めて開くということですから、お車の運転をされない方は楽しめるのではないでしょうか。








「浅間酒造観光センター」は、創業明治5年の日本酒の蔵元「浅間酒造さん」運営していますので、美味しい日本酒も味わえると思いますよ^^









浅間酒造さんの紹介はこちらをご覧ください!^^









スポンサードリンク

nice!(203) 

本当の話?Twitterでダイエットの結果が話題に! [気になる情報]

オトナンサー編集部さんの記事に、え~本当なの~? って話が載っていましたので紹介しますね^^









数年前だったと思いますが、納豆を食べてダイエットをする方法が流行りましたよね。









店頭から納豆が消えてしまうほど売れましたね~










a0100913_16252579.jpg
フリー画像からお借りしました








TVのニュースでは、生産が追い付かないほどだということでした。









昨年11月のオトナンサー編集部さんの記事を読みましたら、豆腐に納豆を合わせた「納豆腐」を食べるダイエットをした方がSNS上で話題になっていたようです。









SNSに投稿をした方は、4日間の間、豆腐に納豆を合わせた「納豆腐」を食べるダイエットを行っていたそうです。









o0400030012400435379.jpg
フリー画像からお借りしました



プラス




adDSC_9518.jpg
フリー画像からお借りしました



イコール



こんな感じでしょうか?
o0794105812101471000.jpg
フリー画像からお借りしました









その人は、腹痛と嘔吐に襲われ病院へ行ったそうです。









医師からは「納豆菌が増えすぎて腸が動いていない」「腸内の菌が全部納豆菌になっています」と診断されたというのです?









管理栄養士の話として、「腸内細菌として納豆菌がいるかどうかは、最先端のゲノム解析検査により調べますので、扱っている医療機関はまだ限られており、健康保険の適用外なので実費検査。また、検査結果が出るまで日数もかかります。医師でない者がコメントするのははばかられますが、腸内が全部納豆菌というのは『たとえ』でおっしゃったのではないでしょうか」ということでした。
オトナンサー編集部さんの記事より抜粋









私は健康を考えて、毎日納豆や豆腐を食べるようにしていますし、同様の食事をしている人をたくさん知っていますが上記のような症状は聞いたことがありません。









管理栄養士のお話のように『たとえ』なのでしょうね^^









また、栄養士さんによると「納豆と豆腐だけでは、栄養が偏ってしまいます。納豆や豆腐は大量に食べない限り体への心配はありませんが、栄養バランスを考えると、同じ食品を毎日大量に摂取することはオススメできません、ということでした。









「脂肪」をエネルギーに変えるためには「L−カルニチン」という物質が必要だそうで、その合成にはビタミンCやビタミンB6、鉄、ナイアシンなどの栄養素が必要ということです。










当たり前に事だと思うのですが、いくらダイエットに効果があるとしても納豆と豆腐だけを毎日食べては栄養のバランスが悪くて体に良いはずがありませんよね。









食べ過ぎは良くないようですが、納豆菌は腸内環境を整え、納豆のネバネバ部分に含まれるたんぱく質分解酵素ナットウキナーゼは動脈硬化予防に効果があるそうです。









そして、たんぱく質やカリウム、マグネシウム、カルシウム、鉄分、食物繊維、ビタミンE、ビタミンK、イソフラボン、サポニンなど私たちに不足しがちな栄養素がたくさん含まれているそうです。









特にダイエット効果が期待できる、脂質をエネルギーに変えるビタミンB2や、たんぱく質をエネルギーに変えるビタミンB6も含まれていますので、健康によい食品だということです。









何でもそうですが、バランスが大切なんですね^^










スポンサードリンク

nice!(195) 

年金受給年齢68歳? ふざけるな財務省! [気になる情報]

今日は、年金を話題にしてみました。









現在は、公的年金の受給開始年齢は、原則65歳からですよね。









以前は60歳から支給されていた厚生年金は、現在、支給年齢が段階的に引き上げられ、昭和36年4月2日以降生まれの男性、昭和41年4月2日以降生まれの女性は全額、65歳からの支給となっています。









そして、特別支給の老齢厚生年金は、厚生年金保険の受給開始年齢を段階的に、スムーズに引き上げるために設けられた制度です。









原則として厚生年金の加入期間が1年以上ある場合、60歳から65歳になるまでの間で受け取ることができます。









「報酬比例部分」と「定額部分」の2つがあり、生年月日と性別により、受給開始年齢が異なります。










その年金の受給年齢を68歳まで延ばそうとする動きがあるようです。









産経新聞さんの記事によると、4月11日に開かれた財政制度等審議会(財務相の諮問機関)の財政制度分科会で、財務省の担当者が、65歳に引き上げつつある支給開始年齢について「さらに引き上げていくべきではないか」と「年金支給68歳」案を提言したといいます。









年金制度を持続させることを考えると、支給年齢を引き上げることも必要なのかもしれません。










しかし、支給年齢を引き上げるということは、定年の延長や退職後の雇用の確保が前提条件となるでしょう。










政府は、原則60歳と定める国家、地方公務員の定年を3年ごとに1歳ずつ延長し、2033年度に65歳とする方向で検討に入っているそうですが、問題なのは民間なんですよね。










先ず、肝心なこと、対策を講じる段取りをしてからの話でしょうね。











そして、森友学園をめぐる決裁文書改竄問題や福田淳一・前事務次官のセクハラ問題、本人は既に退職をしてしまいましたが。










財務省は先月27日、福田氏の退職金を減給20%、6カ月の処分相当とすると正式に発表しています。










sankein_afr1804180031_0-enlarge.jpg
フリー画像からお借りしました









退職金は満額の5319万円から141万円を差し引き、5178万円になるようです。










矢野康治官房長は会見で「これを持って調査は終了する」とコメントをしていたそうです。










福田淳一・前事務次官はセクハラを認めていないようですから、今のままでしたら逃げ得のようなものなのでしょうね。









福田淳一は民間人となりましたが、財務省はこの問題を追及すべきだと思います。










私たちは、辞めれば終わりなど絶対に許してはいけませんね。










何をするにしても、私たち国民を納得させてほしいですよね。










nenkin01.jpg










スポンサードリンク

nice!(204) 

福島・「はちみつビール」醸造に向けて始動! [気になる情報]

ビール好きのみなさん!「はちみつビール」って聞いたことがありますか?









韓国では「はちみつビール」というのが流行っているそうで、飲食店ではビールにはちみつを入れたものがメニューにもなっているようです。









台湾やベルギーで「はちみつビール」が市販されているそうです。









ビールにはちみつを入れたら美味しいんでしょうか?2015年9/月の クックパッドさん記事によりますと、『普通のビールだと思って口にすると、まず「甘いっ!」というのが最初の感想。









辛口が好きな人にはちょっと物足りないかもしれませんが、ビールが苦手な人が飲むと、「私ビール飲めるじゃん」と錯覚してしまいそうな口当たりのよさ。









はちみつでビール独特の苦味や香りが緩和されて、とっても飲みやすくなっています。









女性や、ビールの苦手な人も、これなら飲めそう♪今までビールがあんまり得意じゃなかった人は、はちみつビールから入門してみませんか?』









ということでした^^









ビールにはちみつとレモン果汁をいれると、甘くておいしいビアカクテルに変身しますよ!









ご興味のある方は、こちらをご覧くださいね。
出典:http://cookpad.com/recipe/993841









その甘くておいしいビアカクテル「蜂蜜ビール」、福島県でも醸造が始まります。










main_4173.fit-scale.jpg
マクアケのプロジェクトページよりお借りしました










阿武隈急行と沿線周辺の自治体、そして福島学院大などがコラボし「はちみつビール」の製造に乗り出すそう
です。









阿武隈急行株式会社は、福島県と宮城県で旧国鉄の特定地方交通線および日本鉄道建設公団の建設線(丸森線)を引き継いだ阿武隈急行線を第三セクターで運営しています。









「はちみつビール」の醸造は、 阿武隈急行線の開業30周年を記念したプロジェクトで蜂蜜は宮城県丸森町で採れた石塚養蜂園さんが提供します。










醸造は宮城県角田市のビール工場「仙南シンケンファクトリーさん」が協力するそうです。










現在、6月20日までインターネットで「クラウドファンディング」で募集が行われています。











目標額は246万円です。










1口3500~2万円で、返礼品として完成した蜂蜜ビールが贈られます。










detail_4173_1524214043.png
マクアケのプロジェクトページよりお借りしました










また、金額に応じて「フリー乗車券」や「つり革」のオーナー権などが付くそうですよ!^^









「クラウドファンディング」のお申し込みはマクアケのプロジェクトページへ。
こちらからどうぞ!^^
お問い合わせは「七十七銀行地域開発部」まで!









スポンサードリンク

nice!(192) 

本当に「パスタ」を食べても太らないの? [気になる情報]

今日もパスタの話題なんですよ!^^








先日、カナダ・トロントのセント・マイケルズ病院の研究チームの『「パスタ」を食べても太らない』という研究発表を話題にしました。









今、その論文が注目を集めているそうです。









パスタも、小麦粉で作られるため炭水化物であることは間違えありません。









炭水化物を摂らないでやせるダイエット方法があるくらいですから、本当に太らないの?と言う疑問は当たり前だと思います。









そういうことからも、本当にパスタは太らないの?という疑問を持っている方が沢山いらっしゃるようです。









前回も書いたのですが、パスタは太りにくい炭水化物なんだそうですよ^^









デュラムコムギ(マカロニコムギ)によって作られる乾燥パスタは、GI値の低い食べ物であることは間違えないようです。









GI値が低いということは、血糖値が上がりにくく、インスリンによる血糖値の調整と糖の吸収のバランスが取れるようになるということです。









その反対にGI値が高いということは、食事中に急激に血糖値が上がるため、インスリンも過剰に分泌され、糖を溜め込んで太りやすくなるといいます。









パスタが白米や白パンに比べて血糖値を上げにくい食べ物ということは確かなようですね。









しかし、だからと言って食べ過ぎては本末転倒ですからね^^









炭水化物制限ダイエットも良いのですが、ごはん(お米)も食べてくださいね!









わが国には、美味しいお米が沢山あるんですからね。









その美味しいお米が世界中で認められています。









日本人が美味しいお米を食べないなんて、そんなこと勿体ないじゃないですか。









ごはんも!パスタも!程々にですね^^









adtDSC_7310-750x499.jpg
フリー画像からお借りしました








20170214151433.jpg
フリー画像からお借りしました









最後に、糖質制限ダイエットをされている方が沢山いらっしゃいますが、炭水化物も大切な栄養素ということも忘れてはいけません。









様々な栄養のバランスを考えて食事をしましょうね!^^









因みに、今日の晩ごはんはミートソーススパゲティでした。









お腹が空いていたので、若干多めに食べちゃいました!^^









サラダと豆腐に納豆、そして酢の物にお漬物でした。









バランスの良い食事なのかはか分りませんが^^










スポンサードリンク

nice!(201) 

「日立さん」がん検査をする実証実験を公開! [気になる情報]

今日は「がん」を話題にしてみました。









全国健康保険組合さんのホームページを読んでみましたら、「がん」についてこのように書かれていました。









私たちの体内では、細胞は絶えず分裂することによって新しく生まれ変わっているそうです。









その細胞分裂は、遺伝子をもとに作りだされているそうで、作られた細胞は発がん物質などの影響で遺伝子が突然変異することがあるんですね。









それが、「がん」の始まりなんだそうです。









細胞の突然変異(コピーミス)が起きても、すぐに「がん」になるのではなく体内の免疫細胞の標的となり、攻撃されて死滅してしまうそうです。









しかし、免疫細胞の攻撃を逃れて生き残る細胞がいます。









それが「がん細胞」となり、異常な分裂や増殖をくり返すことで10~20年かけて「がん」になるのだそうです。









日本人の2人に1人が「がん」にかかり、3人に1人が「がん」で死亡するといわれているのですが、現在は、早期に発見し治療をすることで「がんは治せる病気」になっているといいます。









私は、昨年まで自分には縁のない病気としか感じていませんでした。









以前、ブログに書きましたので、読んでいただいた方もいらっしゃると思います。









いっぱい書いたのですが、今は消えちゃっているんですけど^^









ご自身やご家族でその病と闘っていらっしゃる方、沢山いらっしゃるんですよね。









わが国では、2人に1人が「がん」に闘っているのですから。









そして、患者さんの家族も同様に闘っています。









「がん」に勝つためには、早期発見が最大の課題なんです。









あの日立製作所さんが、今月16日に尿を使ってがん検査をする実証実験を公開しました。





















日立さんによると、「がん」などの検査が、病院に行かなくてもできるようになるそうです。









尿中代謝物を用いたがん検査の研究を2015年から開始したいたそうで、2016年6月には尿検体による健常者とがん患者の識別に成功していたそうです。









実用化されるのは、2020年ころになるということでした。









お問い合わせ先はこちらです。
株式会社日立製作所 研究開発グループ 研究管理部 広報窓口
〒185-8601 東京都国分寺市東恋ヶ窪一丁目280番地
hqrd@hitachi.co.jpまで。








そう言えば、日立さんは「がん」のにおいを好む線虫の特性を利用して、自動でがんを検査できる装置を開発したという発表をしていました。









AS20170419000459_comm.jpg
日刊工業新聞さんの記事よりお借りしました









その「線虫」を使ったがん検査も、2020年まで実用化を目指しているということでした。









cover.jpg
薬事日報さんの記事よりお借りしました








img1_file58f5d363d857d.jpg
日本経済新聞さんの記事よりお借りしました










日立製作所さんの製品が、早期に実用化されることを望んでいます。









一人でも多くのがん患者やその家族の為にも頑張って頂きたいですよね。










nice!(219) 

沖縄に牛丼屋チェーン店が次々参入! [気になる情報]

今日は牛丼屋さんを話題にしてみました^^









私は、牛丼屋さんと言うと、やはり老舗の吉野家さんを思い浮かべてします。











content___03_.jpg
フリー画像からお借りしました









私が初めチェーン店の牛丼を食べたのは、高校生の時に同級生の家へ遊びに行った時に近くの吉野家さんで食べたのが初めてでした。









荒川区南千住の駅の近くにあった吉野家さんでした。









最近は、駅の近くだけではなく沿道店舗も数多く見かけますね。









地方に行ってもありますよね^^









最近は牛丼屋さんで食事をする機会がないのですが、ワンコインで昼食を済ませることが出来助かりました。









500円でおつりがきちゃうんですからね~^^









そうそう、沖縄にも牛丼チェーン店が次々に進出しているんです。









1993年吉野家さんが一番乗り、現在は19店を展開しているそうです。









次に、すき家さんで2007年に進出し、現在23店舗を営業しています。









6月中旬には、牛丼チェーン「松屋」などを展開する松屋フーズが沖縄1号店をオープンするようです。










41UO96p9KyL.jpg
フリー画像からお借りしました









しかし、牛丼の「松屋」でなく、「松のや」で進出するそうなんです。









ですから、商品は牛丼ではなく「とんかつ」ということです。










IMG_6931.jpg
フリー画像からお借りしました









そして、「松のや」のとんかつ定食は、これも超リーズナブルな税込500円ですから沖縄でも人気が出るでしょうね~!^^









牛丼も好きですが、いろいろなメニューがあると食べる楽しみが増えて良いですよね。










そして、場所が沖縄なのですから「沖縄アグー豚」を使ったとんかつが提供できたら観光客にもうけると思います。









P026335111_480.jpg
フリー画像からお借りしました









DSCF9843.jpg
フリー画像からお借りしました









あっ!そうなるとお値段が高くなっちゃうんでしょうか?









因みに、沖縄県アグーブランド豚推進協議会事務局さんのホームページによると「沖縄アグー豚」とは、飼育頭数が少なく沖縄固有の貴重な豚だそうです。









中国から約600年前に沖縄にきました。









沖縄で飼い続けられていた小型の「島豚」が由来となっているということです。









アグーの肉質は、霜降り肉で脂に甘みと旨みがあり、一般的に市販されている豚肉に比べて肉質が優れているといわれるほど美味しいそうですよ!^^









「沖縄アグー豚」食べてみたいですよね^^




















スポンサードリンク

nice!(199) 
前の10件 | - 気になる情報 ブログトップ