So-net無料ブログ作成

ビタミンDはがんにも効く! [気になる情報]

お詫びと訂正を致します。
昨日の記事内で「カナダで開催されたG7ので写真」として掲載いたしました画像は、ジョークとして作られたフェイク画像でした。
その画像を削除しお詫びを申し上げます。
大変申し訳ございませんでした。








さて、今日の話題です!
ビタミンDの効果や効能は、結構知られていますので、ご存じの方も多いと思います。








主な効果は骨に関するものですよね。








骨を作るのに大切なカルシウムは、比較的吸収されにくい栄養素だそうで、それをビタミンDがサポートしてくれるんです。








私達の丈夫な骨や歯を作るには、ビタミンDは欠かせないビタミンなんですね。








特に成長期の子供や妊娠中の女性にとっては、積極的に摂ってほしいですね。








成長期の子供のとっては、身長を伸ばすこと、くる病などの成長障害を抑制する働きもあるそうです。








大人にとっても重要で、骨粗しょう症や骨の老化を予防する大切な栄養素です。








カルシウム不足でイライラするなんてきたことがありますが、精神的な安定にもつながりイライラを抑える効果もあるようです








そのビタミンDには、免疫力の向上や糖尿病の予防、そして発がんを抑制する働きもあるそうなんです!










064578.jpg
フリー画像からお借りしました









国立がん研究センターなどのチームの研究チームによると、血液中のビタミンD濃度が高い人は低濃度の人に比べ、がんになるリスクが19~25%低いとういうことで、「生活習慣の改善で、がん予防が期待できる」ということです。








ビタミンDは細胞の増殖を抑えるそうで、がんを防ぐ可能性があるのだそうです。








ビタミンDは、サケなどの魚やキノコ類に含まれるほか、日光浴をすることでも体内で作られるそうですよ。







そして、明確なリスクの低下が見られたがんは、肝がんだということです。









スポンサードリンク

nice!(210)