So-net無料ブログ作成

老舗和菓子店のスポンサーになってくれませんか? [ちょっと気になること!]

今日は、私の大好きな「ぬれ甘なっと」のお話しなんです。









0710563-b2.jpg
フリー画像からお借りしました








その「ぬれ甘なっと」を作っているお店は、東京の新宿区にある花園神社の近くにあります。








お店の名前は、老舗和菓子店の「花園饅頭」さんです。








花園饅頭さんは、1834年(天保5年)創業の歴史の長いお店で、ファンの方も沢山いらっしゃると思います。








帝国データバンクさんによりますと、花園饅頭さんが5月31日に東京地裁へ自己破産を申請し、同日、保全管理命令を受けたそうです。








ご存知の方も多いと思いますが、看板商品の「ぬれ甘なつと」や「花園万頭」「花園羊羹」「玉うさぎ」「みその菊最中」などの商品を販売しています。








負債額は、今年の4月末時点で債権者約370名に対して約22億円だそうです。








バブル期の多店舗展開や東日本大震災が影響しているようです。








既に破産申請はしましたが、現在も、店舗の営業は継続しています。








今後は、事業譲渡に向けて動き出すようです。








私はお酒を飲む時に、おやつに買ってある「ぬれ甘なっと」をおつまみにすることがあるのですが、意外と合うんですよね〜!








焼酎に「ぬれ甘なっと」良いですよ^^








何方か、老舗の和菓子屋さんの伝統の味を守って頂ける方いらっしゃいましたらお願いしたいですね。









top.jpg
フリー画像からお借りしました








(株)花園万頭(TDB企業コード:980884321、資本金4000万円、東京都新宿区新宿5-16-15、代表石川一弥氏)
申請代理人は河本茂行弁護士(京都府京都市中京区烏丸通三条下ル、烏丸法律事務所、電話075-223-2714)ほか1名。保全管理人には野田聖子弁護士(東京都中央区日本橋3-3-4、永沢総合法律事務所、電話03-3273-1800)








という記事をアップ予定にしていましたら、東京商工リサーチによりますと、4日までに複数企業がスポンサーに名乗りを挙げているそうです。







保全管理人事務所の担当者は「破産手続きは進行するが、スポンサー企業や第二会社への事業譲渡で、営業を継続する方向で調整している。併せて6月末で解雇予定だった従業員の雇用も継続できる見込み」だということです。








また、花園万頭の破産申請が報じられてから、各店舗には名物の「花園万頭」や「ぬれ甘なつと」を求める客のが殺到したそうです。









老舗和菓子店の伝統の味は継承されそうですね!  あ~良かったです^^


















スポンサードリンク

nice!(207)