So-net無料ブログ作成

ビールの出荷量13年連続低迷 [お酒の話題]

今日はビールの話題にしました!^^










yun_12707.jpg
フリー画像からお借りしました









夏場は、つめた~いビール!これは定番ですよね~^^










1月16日にビール大手5社が2017年のビール類(ビール、発泡酒、第三のビール)の出荷量を発表しました。










それによると、13年連続で過去最低を更新したそうです。










原因として挙げられるのが、缶酎ハイなどが割安感をだし販売が伸びたこと、夏場の天候不順、そして極めつけが昨年6月から始まった量販店の安売りへの規制強化で店頭価格が上昇したことのようですね。









ビール、発泡酒、第三のビールがともに前年割れとなったのは2年連続ということです。









発泡酒、第三のビールまで売り上げが落ちているのですから、ビール業界が、今後どのような手を打ち出すかと思っていましたら、どうやら「泡」で勝負をするようですよ^^









大手ビール各社によるビールの“泡戦争”が始まっているそうなんです。










beer-554619_1920-400x270-MM-100.jpg
フリー画像からお借りしました









ニュースイッチさんの記事によると、きめ細かい泡をつくり、長持ちさせることで、ビールのおいしさが増すことから、ビール各社では泡の質を向上させているようです。










アサヒビールは醸造管理の新技術を導入したほか、サントリービールはクリーミーな泡をつくる専用キット(家庭でもクリーミーな泡をつくれる「神泡サーバー」)を「ザ・プレミアム・モルツ」に同梱して販売を始めています。










J001561_3L1.jpg
サントリーさんのホームページよりお借りしました










180316_kamiawachushikoku_top.jpg
サントリーさんのホームページよりお借りしました










180221shurui4.jpg
サントリーさんのホームページよりお借りしました










ご自宅で楽しめそうな「神泡サーバー」なんて、ちょっと試してみたいと思いませんか?^^











サッポロビールは泡持ちを向上する麦芽などを訴求しているそうです。










確かに、以前にTV番組で観たことがあるのですが、ビールを注ぐと泡がたちますが、その泡によって味が変わるということです。










今年の夏は、「泡」でビールを楽しんでみませんか?^^










そうそう、最近は地ビールに人気が集まっているようですので、日本各地で造られている地ビールも飲んでみたいですよね^^









[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】南信州地ビール18本セット
価格:20000円(税込、送料無料) (2018/5/13時点)





























スポンサードリンク

nice!(207)