So-net無料ブログ作成

麻生氏・今度は「セクハラ罪という罪はない」発言 [最近のニュースから]

アメリカで俳優らがセクハラ被害を告発し始まった「#MeToo」(ハッシュタグ・ミー・トゥー=私も)の動きは世界に広まっていますね。










main.jpg
シネマトゥディさんの記事よりお借りしました









AS20171226004878_comm.jpg
朝日新聞さんの記事よりお借りしました










アメリカの政界では複数の議員が辞任に追い込まれているそうです。









更には、議員のセクハラを隠蔽しかねない制度を改正する動きも出てきたということです。









しかし、世界中で当たり前のようにセクハラが行われていることに憤りを感じています。









わが国の現状は酷いものですね。










麻生太郎財務相兼副総理が4日にフィリピンのマニラで記者会見をした際に、福田氏が辞任をした理由について、国会審議への影響のほか、「役所に対しての迷惑とか、いろんな意味で品位を傷つけたとかいろいろな表現があるでしょうけれど、そういった意味であの種の処分をさせていただいた」と発言をしたそうです










t02200296_0372050012425062413.jpg
フリー画像からお借りしました









確か、先月27日に財務省として初めて開いた会見で、矢野康治官房長はセクハラ行為を認定し懲戒処分したということになっていたと思うのですが?









財務相としてではなく、麻生さん自身の個人的な見解といて福田氏のセクハラを認めていないということなのでしょうか?









更には、「本人が否定している以上は裁判になったり、話し合いになったりということになる。ここから先はご本人の話だ」と今後は個人の問題になるとも。









福田氏は辞めてしまいましたが、セクハラ行為は財務官僚である時に起こした問題なのですから、財務省は関係ないという理屈は通用しませんよね。









あまりにもセクハラに対する意識が低すぎます。









福田氏がセクハラを否定しているのであれば、財務省の責任において第三者機関による調査を継続すべきではないでしょうか。








福田氏や財務省の逃げ得を許してはいけませんね。










180109GOLDENGLOBES-2018-128.jpg
フリー画像からお借りしました










スポンサードリンク

nice!(211)